パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

人間対ロボット間の愛のやりとりを科学で実現する」記事へのコメント

  • 相手が人工知能だと気づけなければ、その動作には愛情があると認められるのではないかとか。

    それと、一対多、多対一の通信は成り立つのだろうか?

    --
    #存在自体がホラー
    • by Anonymous Coward on 2012年02月03日 9時55分 (#2092465)

      相手が人工知能の場合に愛情があると認められなくなるとは限らないのでは?
      現代ではちょっと高級なシナリオスクリプトくらいのものしか作れないのでアレですが、将来的に人間と変わらない感情と思考能力を持つ高度AIが生まれた場合、それがどう扱われるのかは結構気になります。

      …まあ、おそらく現実的な需要として人間と情を交わす人工物として、最初に生まれてくるのはセクサドールだと思いますが。

      #あかほりのアレじゃなく石ノ森章太郎の方ね。

      ##「ソフトウェアプログラムの"彼女"を真摯に愛する"彼"の肖像」 by 2MB (=浅見祐一=ときメモスタッフ)

      親コメント
      • by hattifnat (35328) on 2012年02月03日 10時18分 (#2092479)
        火の鳥にもそんなのなかったっけ?
        親コメント
      • どうすれば、「感情と思考能力」を持つという事を確認する事になるのか?というのが主眼なのです。

        ストーリーの主題に戻すために、「感情と思考能力」ではなくて、「愛情」に対しての話になりますが、

        「愛情による動作」という事と「愛情がよるように見える動作」と区別できるか?
        区別ををつける必要があるか?
        という問いかけを「知性」に対して行うのが「チューリングテスト」の意味です。(個人の理解ですが)

        脱線しますが、個人的には区別はつかないと思って生きていた方がいいと思います。
        「愛情」があるから、自然にそれは伝わるはずだと思うよりは、それは意識的に表現しないと伝わらないはずだと思う方がいいと思うし、
        「愛情があるように見える動作」として見て、「愛情」の実存を疑うよりは、疑わない方が楽に生きられるのではないかと。
        セクサドールなら谷を越えられるかというと、そうでもないと思いますし。
        (この場合は「愛情による行為」に見えても「愛情」があるとは思わない方がいい例になりますか)

        #ここまで「ちゅー」りんぐてすとへのつっこみなし。ちょっとさみしい。

        --
        #存在自体がホラー
        親コメント
        • もう一歩進んだのが哲学的ゾンビですね。
          他者から見て見分けは全くつかない。でもそこに意識(クオリアでも魂でも何でもいいですけど)は存在しない。
          それを区別する意味があるのか、と。

          親コメント
        • あと、そういったものの認識は世代によって変わっていくのではないかとも考えます。
          ボーカロイドの実存性とか。
          歌が存在し、それを歌だと認識するならば、歌い手が人間でもプログラムでも、変わらない(というか、どーでもいい)という感覚はあるのではないでしょうか。

          --
          #存在自体がホラー
          親コメント

ソースを見ろ -- ある4桁UID

処理中...