パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

日本の元プロ野球選手の上告により、英単語「interpretation」の解釈を米連邦最高裁が審理」記事へのコメント

  • もともとはどういった範囲の「解釈(interpretation)」を想定した文言なんでしょうか?
    同一言語内での解釈が前提?
    数式の解釈やソースコードの解釈なんかは含まれるんでしょうか
    • ネタにマジレスかもしれないけど。。。

      手元の和英辞典ですが
      翻訳: translation
      通訳: interpretation
      編集: compilation

      外国人を交えた裁判において、証人や被告との(同時) 通訳は必要なものなので、
      その費用は請求できるという意味だったのでは。

      >英単語の解釈をめぐる米国での裁判に日本の元プロ野球選手が絡むというのは、いささか奇妙なものである。
      専門外だけど、裁判において単語の解釈が争点になるのは珍しくないと思う。

      たまたま今回は「翻訳」と「通訳」がどこまで含まれるかという議論だったので、
      その関係者に英語ネイティブでない人間が含まれるのは、これもおかしくないだろうね。

身近な人の偉大さは半減する -- あるアレゲ人

処理中...