パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

マヤ文明滅亡の原因、気候変動による干ばつ」記事へのコメント

  • >降雨量が 25 〜 40 % も減少して

    原論文のタイトルに"Modest Reduction in Precipitation"とあるように,"こんなに大幅に減って大変だ!"というのではなく,"やや少なめになった"ととらえるのが正しい気がします.

    今までは,人口の急減(ただし異論もある)や文明の全面的な崩壊から,この時期に非常に大規模で過酷な干魃や気候変動があったのではないか?と考えられていました.
    でも調べてみたら,確かに干ばつはあったものの,言われていたほど酷いものでもない,というのが明らかになったよと.

    そこまで過酷ではない干魃が続いただ

    • 現在の文明が、同じ目に遭うのかどうかに興味がありますね。

      気候変動に関する最近の研究をちらちら見ていると、温室効果ガス絡みに関してはもはや影響は避けられない、という論調のものが多いように感じています。(直ちに強力な温室効果ガス排出削減を行ったとしてももう間に合わない)

      マヤの時代と違うのは、良い点としては

      - 今後の気候変動についてある程度予測する手段があること
      - それに備えるための農業技術が色々とあること(機械化した大規模農業、品種改良、肥料・土壌改良・灌漑技術など)
      - 現在の文明は全地球的規模になっているので、(やろうと思えば)農業適地の変動を吸収する余地があること

      悪い点としては

      - ドンパチする武器が発達していること

      今のところ、軍事的に強い国が農業的にも強いから、このあたりは今後100年くらいのスパンでは大丈夫かなあ、などと楽観的に考えていますが。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        数万年数十万年かけて溜まった地下水の半分を数十年で使ちゃったりしているので100年は無理そう。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...