パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

神戸大学の教授、「海をダムに見立て発電」という永久機関のような構想を発表」記事へのコメント

  • by skapontan (35455) on 2012年03月01日 12時52分 (#2108972) 日記

    なぜ水が配管の上から下まで流れ落ちるのか説明してもらおうか。
    下には水がいっぱい詰まってて隙間はないのに。

    水流?それを発電に使うなら下に流す意味がない。

    • by kicchy (4711) on 2012年03月01日 14時01分 (#2109071)

      なぜ水が配管の上から下まで流れ落ちるのか説明してもらおうか。
      下には水がいっぱい詰まってて隙間はないのに。

      水流?それを発電に使うなら下に流す意味がない。

      馬鹿だなぁ、教授がそんなことを考えていないわけがない。
      もっと深く掘って、アルゼンチンまで配管を通せば
      向こうで噴水ができるだけだからモーターで排水する必要もない。

      # デキッコナイス「これで、おばさんに荷物を届けられる」

      親コメント
      • by Anonymous Coward
        水圧とか水圧とか水圧とかが、w
        気圧とか気圧とか気圧とかw

        になるだけじゃwそうか、宇宙にまで伸ばせばいいんだ、きっと真空中に吸い上げてくれるにwwwww

        んなわけないw
      • by Anonymous Coward

        空気との摩擦で萌えちゃうよ。

      • by Anonymous Coward

        やめれ!
        くっちまうド!

    • by kou1slash (5979) on 2012年03月01日 16時26分 (#2109229)

      ニュースに記載された写真しか見当たらなかったんですが、好意的に解釈すると、

      1、海上浮遊物に取り付けた発電機で「海流から」発電
      2、「海流から発電」した電気で下の構造物を排水(電気は位置エネルギー云々によらず運べるから)
      3、排水した所に入った水の位置エネルギーで発電

      …てな感じなのかなぁ?
      仮にそれだとしても、位置エネルギー分を排水出来るだけの電気を海流だけでとれるのかとか、その海流からとった電気をそのまま使ったほうが良くね?とか色々有りそう…。

      親コメント
    • 「下の水はモーターを使って排水する」って書いてありまっせ。

      #「え? それって……」から先が突っ込みどころ。

      --
      LIVE-GON(リベゴン)
      親コメント
      • by imaic (31975) on 2012年03月01日 13時25分 (#2109000) 日記

        もしかして: 深海の水圧>モーターの排水能力

        親コメント
        • おまい...w
          排水に使うエネルギーは深海の水圧×吐出量だろ?
          発電できるっつーエネルギーは摩擦とか無視しても管の高低差による圧力(=深海の水圧)×流量(=吐出量)だろ。

          親コメント
          • by imunolion (39292) on 2012年03月01日 14時42分 (#2109142) 日記

            深海の水圧というよりは,
            (深海での)パイプ?外圧と内発の差じゃないの?
            で, 内圧が外圧と思っているほど差がないから
            (本当かどうかはよくわからない. 特にこのとき内圧はどうなるんだ??),
            モーターによるロスがそれほど大きくない, という話に読めたのだけれど.

            親コメント
            • でなくて、排水に使うエネルギーと取り出し得るエネルギーが同じってのが論旨。
              そこは深くても浅くても同じ。

              親コメント
              • by imunolion (39292) on 2012年03月01日 16時25分 (#2109228) 日記

                つまり, 現象としては「水は落下しない」ってことですよね.

                これに海流エネルギーがあれば,
                そのエネルギーが取り出されることになると思うけれど,
                フロートを上に浮べることでそのエネルギーが高くなる??
                結果, 従来の潮汐力発電より得られるエネルギーは高い?
                だとすれば大きな高低差をとる意味がよくわからなくなる.

                教授本人による解説が欲しくなってきた
                # はっ, これがこの記事の狙いか?!

                親コメント
              • そりゃそうですw
                水の中に管沈めただけで管の中を水が落ちるようになるなんてことはありませんからね。

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                記事には、配管の素材として「スペクトラ繊維」なるものを使うと書いてあるんですよ。おそらくこれ [honeywell.com]のことだと思うんですが、比重が 0.97 だとか。先生、水に浮いちまいますぜ。

                # アイデアとして、永久機関云々以前の問題のような気がしてきました……

              • 1. 底を閉じた筒状の容器を用意して、大量の錘を付けて沈める。
                2. 海水を流し込んで発電する。
                3. 容器がいっぱいになったら、底を開いてただの筒にする。
                4. 錘を外す(海底に投棄する)。
                5. 容器が海上まで浮かんだら、再び底を閉じる。
                6. 再び大量の錘を付けて沈める。

                「大量の錘」は、瓦礫やガラス固化処理をした(いずれどこか大深度地下施設を作って埋葬するつもりだった)放射性廃棄物を使います。
                一石二鳥!

            • by Anonymous Coward

              ベルヌーイの定理でググってください。
              海面を状態1,海底を状態2とすると、これらはエネルギー的に等価です。
              状態1が持つ(海底基準の)高さヘッドは海底の圧力ヘッドと同じです。速度ヘッドはどちらも同じ0で無視されます。
              水面から海底の大気圧の容器に水を落とすと、高さヘッドが速度ヘッドに変換されます。圧力ヘッドは変化しないので無視できます。摩擦も無視です。
              この速度ヘッドは状態1、2の持つヘッドと等価です。もしここからエネルギーを取り出して速度ヘッドを0にしたら、それを状態2に持って行くには
              高さ、速度変化は無しですから圧力ヘッドを与える必要があります。あらゆるロスを無視しても何も得られるものはありません。

              高校物理くらいだと位置エネルギー、運動エネルギーはやっても圧力ヘッドの考えはありませんから、この先生はその程度なんでしょう。

          • by Anonymous Coward

            ほな、水を電気分解しましょうか?

            これだと、圧力は無視できそうな気がしますが…

            #そして発生した水素で再度発電すると…
            #あれ、どうなるんだっけ?w

            • by Anonymous Coward
              無視できません。圧力が高ければ、電離するのに必要なエネルギーは大きくなります。
              • by s02222 (20350) on 2012年03月01日 16時00分 (#2109212)
                なるほど。そこにトリックがありましたか>海底電気分解メソッド。

                (1) 海底まで届くパイプを沈める→海底側で電気分解する→水面にぽこぽこと浮いてきた水素+酸素で発電、のプロセスは、理屈の上では十分にロスを少なくできるはず
                (2) それに付随してパイプ内の海底側に隙間が出来る→そこに水を流しこんで水力発電

                (2)が(1)のロス分を越えれば得するんじゃ・・・? と言うのを手持ちの知識だけでは否定できず、しばらく考えてしまいました。
                親コメント
              • ほな、こんな風に電気分解用電極に浮きをつけて水面下に沈まないようにすれば、大気圧の影響は受けるけど、水圧の影響は受けなくなりますが、この場合はどうなります?

                   |排気塔|
                ~~|     |~~~~~~~~~~~~~~~~~水面
                   |     |
                   |     |               |     |
                   |     |               |     |
                   |     |               |     |
                   |     |               |     |
                   |     |

              • by Anonymous Coward
                貯水槽に水を入れたらその水量に見合った水圧が生じるわけで、水圧が生じない程度の浅さにしたら今度は発電できるエネルギー量が少なくなるので、結果的に釣り合うと思われ。
              • by Anonymous Coward

                簡単に書こうとすると説明難しいね~。

                給水口には蓋があり、
                (1)蓋をあけて水の落下エネルギーで発電
                (2)水を排水するのは、電気分解による。
                (3)(2)で得られた水素(+酸素)で発電

                というサイクルにすると、エネルギー収支どうなるんだっけ?って話です。

                #まあ、巡り巡って重力からエネルギー得られるんだっけ?って話に帰結しますがw

              • by Anonymous Coward

                単純計算してきた。(当然発電機の効率が100%ね)

                水1mol(18g)あたり286kJ必要らしいので、結果1621m上から落とせば、その落とした水は電気分解できるらしい

                あとは発電機の効率と燃料電池の効率で…できるかぁ?

                #発生させた水素が1621m上まで上がらないと、ただの水力発電だよなぁw

              • どうやって電気分解の高さに水面を下げますか?

                親コメント

              • 右の筒は水圧の影響を受け、左の筒は大気圧の影響を受ける。

                なので、排気(右の筒)まで水がいかないか、行っても大気圧で排気そのものがされずに終了。
                親コメント
              • 右と左間違った。
                排気(左の筒)
                親コメント
    • by Anonymous Coward on 2012年03月01日 14時11分 (#2109091)

      水に重い言葉をかければいいんじゃないでしょうか

      親コメント
    • 実は落ちた水は地球内部の空洞へ…。

      短期的課題)
        空洞の重力分布はどうなっておるのか…。
      長期的課題)
        空洞に溜まった水はどうやって外側に帰るのか…。

      親コメント
      • by USH (8040) on 2012年03月01日 14時24分 (#2109107) 日記

        「おーい、でてこーい」 by 星新一

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          確かにあの穴使えば永久機関が作れるねw
          作者はしっぺ返し系の話として作ったはずなのに

          • by USH (8040) on 2012年03月01日 14時43分 (#2109143) 日記

            きっと、エネルギーはちゃんと保存しながら落ちてくるんですよ。
            例えば、絶対零度ちかくまで冷えた氷としてとか。

            なので、猛暑が予想されるときには、前もってばんばん発電すれば、
            空から降ってくる氷をかき氷にして過ごせます。

            # 気温調整(エアコンやストーブ)に使うエネルギーと、移動(車や飛行機)に使うエネルギー、どっちが多いのかな。

            親コメント
            • by Anonymous Coward

              温度差ができるなら第二種永久機関が作れちゃうじゃないですかやだー!

      • by Anonymous Coward

        地球空洞説なら、地下に落ちた水は北極の穴から出てきますよ?

    • by Anonymous Coward

      「どこでもドア」を深海に設置して、海面に出るようにする。。。

    • by Anonymous Coward

      そもそも外水圧に耐えうる容器を用意できるのか?という疑問がありますが、
      用意できるとすればエアロックのような2重扉の構造で下でつながった管を2本用意しておいて、
      片方は電気分解等で気化で排水させるってのは理論的に可能なんでしょうかね。
      電気分解に必要な電力ってどのくらいなんだろう。

      なんか非理系の素人考えでも駄目そうな気がしてきた。

      • by oyajismel (32045) on 2012年03月02日 9時25分 (#2109764) 日記
        おなじく非理系の素人考えですが。
        電気分解で気体に変換しても排水されないでしょう。

        気体も液体(海水)も双方流体なんだから、エアロックあけた瞬間に
        排水(のつもり)側からも海水が流れ込んでしまうだけ。

        圧力同士(水圧だろうが気圧だろうが)がつりあうように流体が動くこと考えりゃわかる。
        親コメント
    • by Anonymous Coward

      >なぜ水が配管の上から下まで流れ落ちるのか説明してもらおうか。
      >下には水がいっぱい詰まってて隙間はないのに。

      とりあえず、下の水はモーターで排出されると書いてあるのに
      読んでないから突っ込みどころを外して恥ずかしいってのは
      おいておいて、せっかくだから、うまくいく方法を考えてみた。

      パイプの中には多数のタービンがあるとする。
      流し込む水は、目いっぱいじゃなくて、滝のように
      ジョボジョボ落とすようにする。

      水は、タービンに当たるとタービンを回転させる。
      回転させるとき、水は摩擦エネルギーを受ける。
      また水の塊は細かくなっていく。

      だいた

    • by Anonymous Coward

      管を2本用意して、片方は電気分解させて排出ってのはできないでしょうかね?
      電気分解に使う電気エネルギー<位置エネルギーを電気に変換した電気エネルギー
      出てきた酸素と水素は燃やして再度水にしたら永久機関?

      なんか詐欺師になった気分です。

    • by Anonymous Coward

      浮力調整用タンク底に付けといて
      落水容量一杯になったら筒全体を横向きに浮揚して排水を繰り返せば
      仕事以上のエネルギーを取り出せるかも!

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...