パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

渥美半島沖でのメタンハイドレート海洋産出試験で無人探査機のケーブルが切れるトラブル発生」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ケーブルが切れるのは当たり前
    過大な負荷がかかったり、捩れたりすると切れる
    日本人は切れた、切れたと騒ぐだけだが、米国人はトラブル発生を前提に予備を用意する
    (切れたらROVを自動的に浮上させて回収したりケーブルを交換するなどの対応の準備も必要だが)

    • by Anonymous Coward on 2012年03月14日 19時41分 (#2117622)

      逆に言うとROVの運用実績が十分にありROV自体の性能も高まりトラブルの可能性が低下したって事でしょ
      しんかい6500が就航した頃は水圧によるマニピュレータのトラブルなんてしょっちゅうだったけど
      今回は海域のデータも十分あるし想定しうるトラブルに万全の対策を施した上でのプランと言うことでは?

      親コメント

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...