パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

渥美半島沖でのメタンハイドレート海洋産出試験で無人探査機のケーブルが切れるトラブル発生」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ケーブルが切れるのは当たり前
    過大な負荷がかかったり、捩れたりすると切れる
    日本人は切れた、切れたと騒ぐだけだが、米国人はトラブル発生を前提に予備を用意する
    (切れたらROVを自動的に浮上させて回収したりケーブルを交換するなどの対応の準備も必要だが)

    • 国民性じゃなく単にシステム設計者のレベルの違いだと思いたいのだが・・・。
      大学等での「工学」の授業に問題があるとか、自衛隊と米軍の実戦経験の差とか
      そんなところにレベル差を生む原因があるのだろうか?

      真田技師長が何とかしてくれるから、後進が育たない?

      • by Anonymous Coward on 2012年03月15日 0時09分 (#2117739)

        >国民性じゃなく単にシステム設計者のレベルの違いだと思いたいのだが・・・。
        予算じゃないのかなー、主因は
        切れるのを前提に予備を予算に組み込む->切れないように運用しろと予算が減る->工夫はするけどやはり現実問題切れるのはしょうがない->コノトピ

        親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...