パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

福島原発の最大の教訓は「確率論に従うと失敗する」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    福島の事故は地震に対しては、ほぼ対策できてたんじゃね?
    津波に対しては、非常用電源と非常用ヒートシンクがカバーできていなかった。
    その追加をしたときかかる費用は、そんな数百億とかってレベルにはならないだろ。

    問題は事故が起こったときに発生する(した)被害を回復するためにかかる費用を、その施設を建造するときに積む必要があるのかって話。
    これを積む必要があるっていうのなら、大規模プラント作れなくね?

    • by Anonymous Coward

      > 福島の事故は地震に対しては、ほぼ対策できてたんじゃね?
      全然できていない。津波の前に鉄塔が倒壊して外部電源を喪失した [nhk.or.jp]時点で落第。

      東京電力福島第一原子力発電所の事故で、原子炉を冷却するための外部電源が失われたのは、送電線の設備が地震の揺れによって壊れたり、ショートが起きたりしたことが主な原因であることが東京電力が国に提出した報告書で明らかになりました。
      東京電力福島第一原子力発電所では、3月11日の地震発生直後に外部電源が失われ、復旧には10日以上かかるなど原子炉の冷却が滞りました。

      • by Anonymous Coward on 2012年04月10日 10時44分 (#2132595)

        そういう場合のための非常用電源。
        # が、津波でやられたわけだが。

        壊れないようにすることだけが対策じゃないんだよ。

        親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...