パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

蟹を使ったコンピュータ」記事へのコメント

  • CBC(Collision Based Computing)による論理演算というテーマにあたり、ようやく分かった(気になりました)。
    このような特性を持つ自然界の何をもってしても、それをつなげれば計算機と言えば言えなくもない話ですね。

    • by Anonymous Coward

      > 計算機と言えば言えなくもない
      知ってて省略してるだけかもしれませんが、物理現象など法則を利用した計算機を一般的に アナログコンピュータ [wikipedia.org]といいます。
      例えば、電気法則を利用して電子回路でキャパシタンスつけて電圧図れば「あっというまに積分できた!」と喜べます。
      難点は問題ごとに回路つくんなきゃいけないなど。

      今回のはカニの法則でCollision-based computingをやってみよーってアナログコンピューティングみたいですね。
      paperのreferをみるとA. Adamatzky, Collision-based computing (Springer, Berlin, 2003).とのことでした。タイトルと著者から検索したところ書籍化されたのはこれですかね?
      http://books.google.co.jp/books?id=sab-9fGPCEcC&dq=A.+Adamatzky,+C... [google.co.jp]
      と、よくみたら、この著者が「Physarum M

      • by Anonymous Coward

        今回のはカニの法則でCollision-based computingをやってみよーってアナログコンピューティングみたいですね。

        いやいや、"collision-based computer"はデジタルですよ。
        計算値を数字で表すのがデジタルコンピュータ、物理量で表すのがアナログコンピュータです。

物事のやり方は一つではない -- Perlな人

処理中...