パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

武雄市、図書館の利用カードをTポイントカードに置き換える計画」記事へのコメント

  • 貸本屋 (スコア:0, すばらしい洞察)

    by Anonymous Coward

    町の図書館なんて既に既に無料の(というか税金とかで間接的に料金徴収がされている)貸本屋なんだから
    ツタヤがやるのはまあ自然の流れじゃないかな。

    図書館の自由に関する宣言云々て別に公務員がやってれば安心で民間企業がやったら心配とかそういうもん
    でもないし、むしろ民間企業がやるってほうが(今回みたいに)本当に正しく運用されているかみんながきにしていいんじゃないかね。

    • Re: (スコア:4, すばらしい洞察)

      by Anonymous Coward

      町の図書館なんて既に既に無料の(というか税金とかで間接的に料金徴収がされている)貸本屋

      全然違うよ。図書館は需要に関係なくアーカイブする価値のある本を所蔵する。社会や、子供や、教育や研究のための本を入れる。そんなんツタじゃやってくれんよ。どんだけ需要あってもエロ本や漫画(物によるけど)は入れない(言うまでもないけど国会図書館は別な)。今はおとなしくてもそこは営利企業。最後は資本の論理が出張ってくる。

      公務員と民間でうんぬんというのは、全面的に肯定はしないけど否定もしない。

      • by Anonymous Coward on 2012年05月05日 12時13分 (#2147128)

        「アーカイブする価値のある本」はどうやって決まるのでしょう。その本が「社会や、子供や、教育や研究のため」になるかどうか
        どうやって判断するのでしょう。

        もちろん全知全能の判断者がいて「読む価値のある本が揃っている夢の図書館」というのは私もワクワクしますが、現実には
        図書館だって「税金の有効利用できているかを回転率で判断します」って言われたらあなたの言う「資本の論理」と変わらないのでは。

        そしてそれに少なくとも市井の「図書館」が抵抗できる(できている)とはとても思えないんだなあ。

        親コメント
        • Re:貸本屋 (スコア:4, すばらしい洞察)

          by nmaeda (5111) on 2012年05月05日 12時49分 (#2147142)

          >図書館だって「税金の有効利用できているかを回転率で判断します」って言われたらあなたの言う「資本の論理」と変わらないのでは。

          「税金」による運営なら、その時点で営利目的じゃないから。基本的には、営利目的として成り立たないから税金を投入するんだよ。税金の有効利用というのは、それを前提とした上で、無駄遣いを減らすこと。営利企業とは前提が違う。

          無料の貸本屋という表現はある意味正しくて、営利目的なら回転率の悪い本は在庫しないけど、図書館は回転率の悪い本、たとえば高価で場所を取る大きな辞典・事典や学術書も置いているし、学生が長居して勉強しても良い。無料=利益を目的としないことが前提だからできること。

          >そしてそれに少なくとも市井の「図書館」が抵抗できる(できている)とはとても思えないんだなあ。

          運営が続いているなら、一定の抵抗ができているわけですが。辞典・事典や学術書がなくなって、売れ筋の小説やエッセイ、マンガばかりになった公立図書館がありますかね?

          親コメント
          • by Anonymous Coward on 2012年05月05日 14時11分 (#2147183)

            「一定の抵抗」の「一定」に対する考え方の差異ではないでしょうか。

            逆に言えば「売れ筋の小説やエッセイ、マンガを数量確保するために辞典・事典や学術書を減らした」ことなど1冊たりともない公立図書館が現在ありますかね?

            「それが1冊あるだけでもう抵抗できていない」という原理主義者はともかく、私個人は自分の興味範囲の資料が「蔵書なし」であることが
            それなりの頻度であり、また逆にベストセラー本が「蔵書数100 予約数294」のようなものが壁に貼られてたりするのを見るにつけ
            「一定の抵抗が"できない"」という感想をもらしました。

            もちろん私の資料探しがたまたまそういう傾向で、またそのベストセラー本など図書館全体から見れば無視できる量だといわれればきちんと統計資料を
            作成したわけではないので「抵抗できてないと思うのはお前一人だ。そんなことを人が目にする場所に書くな」と言われれば反論できません。

            そして別に現在の「図書館運営に携わる人たちは全くワカランチンばかりだな」と思っているわけでもなく現在の日本の政治経済状況ではそれもやむなしだろう
            なあと思っていて「なんで抵抗できないだ、馬鹿!もっと頑張れ」ということではなく「ああ、大変なんだろうなあ」ということです。

            親コメント
            • by nmaeda (5111) on 2012年05月06日 16時26分 (#2147739)

              > 私個人は自分の興味範囲の資料が「蔵書なし」であることが
              > それなりの頻度であり、また逆にベストセラー本が「蔵書数100 予約数294」のようなものが壁に貼られてたりするのを見るにつけ
              > 「一定の抵抗が"できない"」という感想をもらしました。

              予算には限りがあり、すべての出版物を購入出来るわけがないのだから、限界があるのは当然では。それは別に図書館が商業主義に負けたわけではないでしょう。
              (ちなみに新刊は原則として版元から国会図書館に提供されますが、これも国会図書館の予算で購入するなら、不可能でしょう)

              ただ、今は図書館の横の繋がりがあるので、専門書も大学の図書館から取り寄せて借りることができたりしますが。

              親コメント
            • by Anonymous Coward on 2012年05月05日 15時29分 (#2147223)

              より多くの市民の要求に応えるサービスを提供するのが正しい、みたいなことを叫ぶ市長が誕生してますからねぇ。
              自分の頭の中の理想の図書館にこだわってるだけの人以外は、ちゃんと現在の図書館を利用してる人は、要望の多い人気作に予算を優先的に回している現状を理解していると思います。
              ネットから貸出や予約のランキングや各タイトルの蔵書数が確認できる図書館もあるので、そういう現状は図書館に行かない人でも知ることができます。

              親コメント
              • by nmaeda (5111) on 2012年05月06日 18時34分 (#2147785)

                >より多くの市民の要求に応えるサービスを提供するのが正しい、みたいなことを叫ぶ市長が誕生してますからねぇ。

                これは正しいのだけど、声を上げて、具体的にリクエストされる本だけを置いていればいいわけじゃない。

                「~について知りたいのだけど、適当な本はありますか?」と司書に尋ねたとき、出てくるような本は、リクエストされるような本ではない確率が高いでしょう。

                平凡社大百科事典とか、日本国語大辞典、諸橋大漢和なんかを買ってくれとリクエストする利用者は極少ないと思われるけど、ちょっとした調べ物には有用でしょう。

                親コメント
            • by Anonymous Coward

              「1冊たりとも」という、ほぼ反論不可能な前提を持ち込むところに、詭弁のガイドライン的なにおいを感じますね。予算が一定なのですから、売れ筋の本を増やせば、そうでない本が減るのは不可避です。「一冊たりとも減らせない:」ことが保証されているのは、法律(国立国会図書館法)の定めとしてすべての本を買うことを義務付けている国立国会図書館だけです。

              • by Anonymous Coward

                > 売れ筋の本を増やせば、そうでない本が減るのは不可避です。

                予算が増えるかもしれないし、設備や人件費が削られるだけかもしれません
                わたしの利用しているところでは後者を感じます
                そうでない本は昔から少なめでしたが、さいきん急に減ったという印象はとくにありません
                それともあなたはやるドラと山東京伝の黄金比率を追求なさっているのでしょうか

              • by Anonymous Coward

                さすがに「やるドラ」シリーズは図書館には無いんじゃないかな・・・
                #ダブルキャストが好きだったのでAC

              • by Anonymous Coward

                あっ、山文京伝にするのを忘れてた…くやしいビクビクッ

          • by Anonymous Coward on 2012年05月05日 17時37分 (#2147283)

            > 無料の貸本屋という表現はある意味正しくて、営利目的なら回転率の悪い本は在庫しないけど、図書館は回転率の悪い本、たとえば高価で場所を取る大きな辞典・事典や学術書も置いているし、学生が長居して勉強しても良い。無料=利益を目的としないことが前提だからできること。

            いや、CCCが考えているエコシステムでは、本、場所、時間の提供に関しては、ある程度、無料でも良いと思っているのではないかな。
            無料だから利益を目的としてないなんていうのは、ある意味ではかなり前時代的な発想だと思う。

            そこでお金を取るよりも、そこに人が集まるような仕組みとしての図書館を考えているのだと思う。

            代官山の蔦谷書店なんて、ある意味、趣味で作ったとしか思えないし、スタバもいつも通り、ノマドワーカーとか学生であふれかえっていて、とてもそれだけで収益を確保できているようには見えないけど、全体としては地域活性も含めてペイできる仕組みを構築できるという目論見があるのではないかと思うわけです。

            親コメント
            • by nmaeda (5111) on 2012年05月06日 14時16分 (#2147675)

              >無料だから利益を目的としてないなんていうのは、ある意味ではかなり前時代的な発想だと思う。

              恣意的に前提を無視されても。税金で無料で提供されているということ。

              >代官山の蔦谷書店なんて、ある意味、趣味で作ったとしか思えないし、スタバもいつも通り、ノマドワーカーとか学生であふれかえっていて、とてもそれだけで収益を確保できているようには見えないけど、全体としては地域活性も含めてペイできる仕組みを構築できるという目論見があるのではないかと思うわけです。

              別に個人や企業が営利を目的としない活動をしてもそれは自由ですから。

              でも、それと自治体が税金を投入して住民に提供するサービスは目的が違いますから。例え、人口が減る一方の山間部や離島の町村でも図書館を運営しているのは、代官山に引っ越さなくても、何人(なんびと)でも極力平等に、知識にアクセスできる環境を提供する意義を見いだしているからです。

              親コメント
          • by Anonymous Coward

            戦史叢書なんて個人で揃えようとするととんでもなく根性とお金がかかるけど、営利を優先してたらまず収集してくれないもんなぁ。
            もちろん図書館にしても個々に蔵書使用とすると大変だけど、そういう時のための図書館協会だし。

            でも今の様子だと武雄市は協会ネットから切り離された運用になりそうな予感。

        • by Anonymous Coward
          絶版本にバブル的に高値がついていても、図書館であれば読めます。貸し出しが禁止されることはあっても館内で閲覧することはできる段階も踏むことでしょう。

          民間の貸本屋であればちまちま貸して稼ぐよりも、中古市場で高値で売りさばいて大儲けすることを選んだとしても誰も文句は言えません。

          消費税ができたり上がったり表記の変更を強制されたりしたおかげでいろいろな本が絶版、品切れの憂き目にあいましたが、図書館ががんばってくれているおかげで読むことはできています。抵抗できていないだなんてとんでもないですね。
          • by Anonymous Coward

            自分の求める「バブル的に高値のついた絶版本」が図書館にあるかないかが、個人として「抵抗できているかできていないか」の感じ方の
            差ではないでしょうか?図書館が「がんばっている」かどうかも同様に。

            図書館が頑張っていないとも思わないし、かと言って"総ての"「バブル的に高値のついた絶版本」が図書館に所蔵されているわけでもない。
            そのあいだのゆらぎの中で私個人としては「抵抗できてないと思う」と書きました。

            それにしても「抵抗できてないと思う」と書いたら「ベストセラー本以外一冊もおいてないぞ図書館は!キッー!」にすり替えられたのは
            逆にそういう風な意見が多くなってるってことなのかなあ。

            • by Anonymous Coward
              >>そしてそれに少なくとも市井の「図書館」が抵抗できる(できている)とはとても思えないんだなあ。
              「少なくとも」とまで言っておいて、感じ方の差もなにもあったものではないのでは。

              >"総ての"「バブル的に高値のついた絶版本」が図書館に所蔵されているわけでもない。
              >「ベストセラー本以外一冊もおいてないぞ図書館は!キッー!」にすり替えられた
              「総てじゃない」など抗弁したそばから「すり替えられた」とか主張しても説得力がありませんよ。
              • by Anonymous Coward

                >「少なくとも」とまで言っておいて
                日本語が不自由ですいません 「少なくとも」は「市井」にかかっていて、大学図書館とかではなく、という意味です。私の中で
                大学図書館(やある種の業界図書館)は町の公共図書館と比して「図書館的」に運営されていると感じているのでそれを
                除外して「少なくとも市井にある一般の公共図書館は」という意味で用いました。
                逆に「少なくとも」がどの文節に掛かった場合に「感じ方の差」を主張することがおかしくなるのかがわからないのでそれについては
                申し訳ありません。

                >「総てじゃない」など抗弁したそばから
                「総てじゃない」図書館が悪

              • by Anonymous Coward
                大学図書館も地域住民へのサービスを行っていたりします。わたしも先日、近くの大学図書館を利用して来ました。町の公共図書館とことさらに区別しようとなさっておいでですが、理解できません。

                >その間のどこまでが「抵抗」といえる範囲なのかが個人によって違うのではないか、 と申し上げたつもりです。
                それだけだと反対に「抵抗できる(できている)と思う」と示されても、どうこう言う筋合いはなくないですか? 具体的にどういうことが「できない(できていない)」と感じていらっしゃるのか挙げてみてはいかがでしょう。別に0か1かだなどとは申しておりませんが、何も示されないなら0としか言いようがないです。
              • by Anonymous Coward

                >大学図書館も地域住民へのサービスを行っていたりします。わたしも先日、近くの大学図書館を利用して来ました。町の公共図書館とことさらに
                >区別しようとなさっておいでですが、理解できません。

                ここでそれを区別したのは大学図書館と町の公共図書館が蔵書に関する予算のコントロールの方針が異なっており、町の公共図書館は
                そのまさに異なっている部分(蔵書コントロールが)公共であるがゆえにどんどん難しくなってきているのではないかとの意識です。

                もちろん地域住民へ大学図書館が解放されるのは素晴らしいことだと思いますが、それをもって公共図書館と大学図書館や

              • by Anonymous Coward

                返信を吊るす場所を間違えてしまいました。この下に全体についての返信は別途あります。

                --

                それとは別に具体例としては、先月から趣味で山東京伝について調べているのですがたとえば
                「山東京傳の研究」小池藤五郎、「山東京伝研究文献集成」中山幹雄などは近隣の図書館では所蔵がありませんでした。
                どちらも古書はありますが新刊として買うのは難しそうです。そして後者の発行年のベストセラー、ハリーポッターは60冊超の所蔵です。

                と、だいたい2ヶ月くらいでテーマを変えて本を読んでいるので2ヶ月に1回は上記のような感想を漏らしています。が、延々わたしの
                「うわー、図書館は

              • by Anonymous Coward
                >ここでそれを区別したのは大学図書館と町の公共図書館が蔵書に関する予算のコントロールの方針が異なっており
                この認識が既にずれているのではないですか。基本的にはどちらも図書館です。 町の公共図書館であれ、大学図書館であれ、「貸本屋」的性質を併せ持つことになっている点は否定しませんし、町の公共図書館の方がその点でより多く「貸本屋」の役割を担わされているだろうという点も同意します。しかしながらどちらの図書館であれ、あくまでも図書館であって、貸本屋ではありません。

                大学図書館が地域住民サービスをうたうなら「もしドラ100冊」とい
              • by Anonymous Coward
                >「山東京傳の研究」小池藤五郎、「山東京伝研究文献集成」中山幹雄などは近隣の図書館では所蔵がありませんでした。
                当地ではどちらも県庁所在地の図書館に所蔵がありました。ではそれらの本が県に一、二冊というのは図書館の所蔵率として健全でしょうか? まさか自分の興味のある分野の本だけを特別扱いしろとは言われませんよね。

                >そして後者の発行年のベストセラー、ハリーポッターは60冊超の所蔵です。
                前掲の二冊ともを所蔵している図書館で、ハリー・ポッターを書籍のみと指定して検索すると150件超、出ました。念のため、この1件1件に複数冊が含まれてもいます。150件超を全部中まで見て冊数を数えるのは勘弁してください。
                してみると、ハリー・ポッターを60冊超所蔵している規模の図書館で、前掲の二冊の所蔵を求めるというのは、はたして妥当なことなのでしょうか。

                他のスレッドで相互貸借サービスについて書かれてもいますが、単館でまかなえないなら県内でなんとかしようと努力してもいるわけで、そんなに悲観的にばかり考えなくてもよいのではないかと思いますが。
              • by Anonymous Coward
                いやさすがに大学図書館は区別してくれなきゃ困るだろ。学生が必要とする本が少なくとも学内のドコかにはある、ということ把握してなきゃなんないのに、その本は今隣町のハゲが借りてるから来月まで待ってねあんた留年だけどってなったら目も当てられない。
        • by Anonymous Coward

          有効に活用されているかを「回転率で判断」する点が資本の論理ですよ。

          多くの人が読みたいと思っているようなベストセラーを置いたら回転率は高くなるでしょうが、それこそ民業圧迫になってやってはいけない手法でしょう。そういうのは本屋さんに任せましょう。

          逆に新聞の縮刷版とか周辺市町村史、などのような高価で、各個人にとって有用な箇所はその一部だけなので1冊でも買うのはきつい、などの書籍はみんなの税金から買って置いておく価値がある本といえるし、現状の運用としてこうなっているんじゃないですかね。

          • by Anonymous Coward

            税金で行われている事業が「税金の無駄遣い」の旗印のもとに弾劾されて方針変更し結果民業圧迫するというのはたしかに
            「やってはいけない手法」かもしれませんが「現実に存在しない手法」ではありません。

        • by Anonymous Coward

          「アーカイブする価値のある本」はどうやって決まるのでしょう。その本が「社会や、子供や、教育や研究のため」になるかどうか
          どうやって判断するのでしょう。

          そのために「図書館情報学」ってのがあるんじゃないの?
          # 教わったことはないのでよくは知らないけど。

          • by Anonymous Coward

            そのために「図書館情報学」ってのがあるんじゃないの?
            # 教わったことはないのでよくは知らないけど。

            「収集する資料はこういう基準で決定せよ」みたいな判断基準について教育研究対象に、ってのは
            聞いたことないなぁ。
            過去のある時代のある図書館での判断基準に対する調査研究くらいはあるとは思うけど。

弘法筆を選ばず、アレゲはキーボードを選ぶ -- アレゲ研究家

処理中...