パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

縮退物質でもなんでもない通常物質でガンマ線を「曲げる」」記事へのコメント

  • 通常,X線に対する屈折率(の実部)は1+δで表され,δは負の値を取る.なお,通常のX線の領域ではδは大雑把に10-5程度の大きさとなる.
    ここでδは電子による散乱(トムソン散乱)などにより引き起こされ,X線のエネルギーの逆二乗に比例する.このため波長が短くなると屈折率は急速に1に近づく.

    今回,このような屈折率の測定をガンマ線領域(182, 517, 786, 1165, 1951keV)に適用した.すると,リファレンスビームに対し,Si結晶を通したガンマ線では10 nanoradianオーダーの屈折が確認された.δで言うと,上記の5つのエネルギーに対しそれぞれ-1.11*10-8, -4.63*10-10,

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...