パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ビン・ラディンは書類を暗号化しなかった」記事へのコメント

  • これは著作権侵害にならないのだろうか…
    • 著作権法第一条にはつぎのようにあります。

      第一条 この法律は、著作物並びに実演、レコード、放送及び有線放送に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め、これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ、著作者等の権利の保護を図り、もつて文化の発展に寄与することを目的とする。

      これは日本の著作権法ですが、国際的にも著作権は古くは『文学的及び美術的著作物の保護に関するベルヌ条約』などの条約で定められていて、それをもとに著作権法を定めているので似たようなものです。

      最近は著作権で飯食っている人が多いせいか、何でもかんでも著作権を主張しますが、著作権が適用されるものは「思想又は感情の創作的な表現」に限定されます。

      いくつか例を挙げます。例えばニュース報道されたような事実は著作権で保護されません。何か象徴的な事件があり、それを調査したドキュメンタリーを見た人がミステリー小説にそのまま使ったとしても著作権には引っかかりません

      • Re: (スコア:4, 参考になる)

        > 例えばニュース報道されたような事実は著作権で保護されません。
        それは第10条2項に「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。」
        とあるからです。

        > それを調査したドキュメンタリーを見た人がミステリー小説にそのまま使ったとしても著作権には引っかかりません
        http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20100203153359.pdf [courts.go.jp] の事を言っているのだと思いますが、
        これはドキュメンタリーでは「創作的な表現」にあたらない部分が多いからです。
        多いだけで引っかかることもあり、この判例の場合ちょっと引っかかっています。

        > あ

        • by Anonymous Coward

          > 例えばニュース報道されたような事実は著作権で保護されません。
          それは第10条2項に「事実の伝達にすぎない雑報及び時事の報道は、前項第一号に掲げる著作物に該当しない。」
          とあるからです。

          それは順序が逆では?

          ×第10条2項に〜あるから著作権で保護されない
          ○著作権で保護されないものであるから、第10条2項を作った

          • by Anonymous Coward on 2012年05月09日 0時59分 (#2149529)

            お~ま~え~は~あ~ほ~か~。
            「著作権で保護されないもの」を定義してるのが著作権法なのだから、そっちが先に決まってるだろ。

            さてはあれだな、プログラミングするときも、普通の人がちゃんと考えればシンプルに作れるようなものを、
            妙にややこしくしちゃってクラスとかの相互参照関係がややこしくなっちゃって
            どっちを先にコンパイルしたらいいんだろうとか悩んでたタイプだろ。

            親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...