パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国、自宅でできるHIV検査キット、FDA認可が降りる可能性大」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2012年05月18日 18時09分 (#2156145)

    死に至る病では既になくなったし 部門より

    死に至る病ではなくなったかも知れませんが、治療不能であることは今でも変わらず、HIV感染者は死ぬまでHIVと付き合って行かなければならないという事実はそのままになっていることはお分かりですか?

    #Wikipediaの世界エイズデーの記事で、「エイズの撲滅を…」という下りに「それは感染者をも撲滅する意味になるため不適切である」と突っ込まれて驚いたのでAC。なるほど、そういう見方もあるのかと。

    • by fs0x7f (39059) on 2012年05月20日 9時31分 (#2156981) 日記

      >治療不能であることは今でも変わらず
      一応、根本治療の方法が/.でも記事になってます。
      骨髄移植でHIV感染者を「機能的に治癒」 [srad.jp](処置に成功、AIDS症状脱却)
      幹細胞移植によりHIV感染の治療に成功 [srad.jp](3年目でHIVも陰性)

      幹細胞移植がリスキーなので別件で幹細胞移植の予定が無いと中々実行できないうえに、CCR5を持たないドナーが必要と、実行が困難な荒療治ですが無理ではありません。

      親コメント
    • そこまで目くじらを立てるような物でない気がー

    • by Anonymous Coward

       HIVで死ななくなった&HIVは治療不能&感染者から感染する、と見事に揃ったため、感染者数が右肩上がりなのは確かですね、日本も含め。
       死に至らずともこれはこれでシャレになりませんし、だからこそ検査を身近にってことなのでしょう。

       そーいうわけで親コメの方のHIVに対する見方そのものには共感するわけですが、「お分かりですか?」というコメントの結び方がキツメでよくないなーという印象でございます。

      • by Anonymous Coward

        日本の場合交通事故のリスクの方が圧倒的に高いから、、、やりまくる。

あつくて寝られない時はhackしろ! 386BSD(98)はそうやってつくられましたよ? -- あるハッカー

処理中...