パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

政府、今夏の節電対策を決定、関西・九州・四国・北海道では計画停電の準備も」記事へのコメント

  • もし,猛暑になって冷房が止まると,1000人単位で死人が増えるのではないか。
    http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/1962.html [ttcn.ne.jp]

    • by Anonymous Coward on 2012年05月19日 19時45分 (#2156731)

      そういえば、熱中症になったことがあるので、
      完全にオフトピックだが実際どうなるかを・・・

      あれはインフルエンザの初期症状っぽい。急に頭痛や寒気が来る。
      即座に倒れたりはしないが、何か変だなと思っても無理は利く。
      そこで無理をすると死ぬこともあるらしい。

      自分は一晩うなされて寝たがそれで治った。
      重篤でなければ「後から分かる」程度のもののようだ。

      ああ、これかと思ったら、すぐに休憩するのをお勧めする。

      親コメント
      • 更にオフトピを続けますが

        >ああ、これかと思ったら、すぐに休憩するのをお勧めする。

        大抵は脱水症状もあるので、水分補給も必要です。

        父の職場の方ですが、夏場にゴルフをやり、
        だるいからホテルの部屋で休む。ビールを美味く飲みたいから水分はとらん。
        と言ってた方が、発見時に冷たくなっていたとか。
        休むと言ってたときに周囲が無理にでも水分を取らせていれば、
        たぶん助かったと言われています。

        私は気を付けてないとすぐに熱中症になるのですが、なったあとは
        風通しの良い比較的涼しい日陰で水分補給しながら休むと大体2時間程度で回復。
        昨夏のコミケで、一般行列に2時間ほど並んでいる最中に軽い熱中症になったのですが、
        水分補給だけで直射日光にさらされ続けたら、閉会までずっと頭痛が残ってました。
        (軽い頭痛だけで倦怠感などなかったので放置)

        --
        ☆大きい羊は美しい☆
        親コメント
    • クーラーがなかった昔はどうやって対策してたんでしょうかねぇ。

      親コメント
      • 昔の夏は (スコア:5, 興味深い)

        by sei5 (45140) on 2012年05月19日 23時05分 (#2156847)

        自分が学生の頃、東横線には、まだ日比谷線直通の「ハズレ」列車が走っていました。
        前面が丸くて銀色に光った列車が来ると、スコブルガッカリしたものです。

        車内の地獄の暑さは、真夏より梅雨時の方がキツかったと記憶しています(どちらも「地獄」です)。
        窓全開で扇風機もブンブン回っていたので、晴れた日には、ホームで待つ間に汗をかいて
        電車に乗れば、「涼しい」と感じる事はできました。
        梅雨時は、車内の方が蒸し暑く、さらに汗が噴き出る感じで、辛かったです。
        ラッシュ時、下半身は、天気に関わらず、どうにもなりませんでした。ひたすらガマンです。

        オフィスや研究室には、まだPCは無かったので、熱源は人間だけ。
        (たまに、電気炉が居室に鎮座した研究室もありましたが)
        高層ビルは知りませんが、窓は普通に開くので全開。
        扇風機もフル稼働させて、ミンミンと蝉の大合唱を聞きながら計算したり、設計したり。

        映画では、机の下に置いたバケツに足突っ込んで伝票書き、
        という場面を見たことありますが、そこまでやっていたのかどうかは知らないです。

        # 摂氏50℃にもなるインドで、イギリス総督府の役人など、
        # 冷房無しで仕事が出来たのか、興味あります。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ># 摂氏50℃にもなるインドで、イギリス総督府の役人など、
          ># 冷房無しで仕事が出来たのか、興味あります。

          ほんとかどうかは知らないけれど、湿気さえなければ日陰に入って風さえあればそれなりに涼しいという話もあるらしい。
          #でも50℃の風って熱風みたいなもんじゃないのか?

          • by Anonymous Coward

            鹿児島の方が気温は高くてもからっとしてたので東京よりは過ごしやすいでした。

          • by Anonymous Coward

            インドには40度overになってた時期に行ったことありますが、そんなに暑く感じませんでした。
            # というか、建物の中の冷房が強すぎて寒かった。。

      • by Anonymous Coward on 2012年05月19日 19時47分 (#2156733)

        既に死んでた!

        大量にエネルギーを使って、冷房や暖房をして(病弱でも)長生きできてる。
        冷房や暖房の無い昔と同じにするなら、寿命も昔に戻るだけ

        親コメント
      • by Anonymous Coward on 2012年05月20日 11時32分 (#2157015)

        クーラーがなかった昔は、今ほど平均寿命が高くなかったので、クーラーがなければ死ぬような人の絶対数が少なかったので、問題になっていなかった。現在は、クーラーがなければ死ぬような人が激増しているので、単純に、クーラーがなかった昔が大丈夫だったから、大丈夫というのは、乱暴な話である。例えば、昭和25年には65歳以上の人は5%ぐらいしかいなかったし、昭和40年代でも6%ぐらいなものだった。しかし、今は、約23%にもなっている。クーラーがなければ死ぬような人の絶対数が、4~5倍にも増えていて、さらに畑仕事で暑さ慣れしている人が減っているから、熱中症で死亡する人の数が無視できる数ではなくなったわけである。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ということは、クーラー止めると医療費抑制につながる、ということですね。
          大歓迎! 家庭用エアコンは廃止しましょう。

        • by Anonymous Coward

          つまり、日本の社会を正常化するためにも節電を
          ということですね

      • by Anonymous Coward

        住宅環境、気候が違うのに同列に語ろうとするのはどうかと思うね。

        精神論で乗り越えられるものじゃないんだけどな。

        • よくわかりませんが、今の人間の身体は機械に頼らないと生きられない状態になってるんですね。

          進化なのか退化なのか…ある日突然、今度は本当にどうやっても電気が手に入らない状況になったらどうなるのか、大変興味深いですね。

          親コメント
          • 非舗装道路から舗装道路→ヒートアイランド
            木造建屋から鉄筋コンクリート→ヒートアイランド
            高層ビルの建築→風の通りが悪くなって熱がこもる
            #汐留シオイサイトは巨大なついたて
            エアコンの普及→使ってないと他の家の室外機の温風が

            断熱住宅の普及→エアコン使わないと逆に熱がこもる
            日本住宅から洋風住宅→窓が少なくなって風が通らない
            住宅密度の増加→風通りが悪い
            マンションの普及→風通り悪い

            ついでに、高層マンション・ビルで電気が無くなったら、数十階を階段で上り下りとか、
            ポンプが動かないので水道も使えないとか、換気ができないとか。

            --
            TomOne
            親コメント
            • by Anonymous Coward
              御意。

              古来の日本の住宅は、風の通し方や日照の制御、植栽の活用など夏の暑さをやり過ごすための工夫がテンコ盛りです。
              京町屋の構造などもかなり合理的ですね。
            • by Anonymous Coward

              > 断熱住宅の普及→エアコン使わないと逆に熱がこもる

              断熱性能が高いと壁なんかからの輻射熱が減るんじゃないかな。
              だから断熱性能の高い壁があって風通しの良い家は気持ちよく昼寝が出来るはず。

              • by Anonymous Coward

                外断熱の場合はね。
                日本の既存建築物の多くは内断熱だから、内部の熱は排熱しないとこもる傾向にある。

            • by Anonymous Coward

              じゃあ、舗装剥がしちゃえ。

      • by Anonymous Coward

        自分の頃には学校に冷房がなくて夏休み前と後は暑さでぐったりしてましたねぇ。
        今の子供たちにはそういう思いはさせたくないものです。

        自分が辛かったことを他人に強要なんてとてもできません。

      • by Anonymous Coward

        水風呂かな.
        クーラーの普及で夏場の高齢者の死亡率がずいぶん下がったんですが、いまだにクーラーの風が体に当たると健康に悪いなどとのたまう人がいるのは困りもの.
        現実的な酷暑対策としては空調服(ファン内蔵作業服)なんかが良いと思いますが、電池交換が面倒ですね.

        • > クーラーの風が体に当たると健康に悪い

          間違いとは言い切れないですよ。
          風が直接体に当たるとクーラーだろうが扇風機だろうが健康に悪いですし,
          クーラーの使い方次第では俗にいうクーラー病になります。

          まぁ,気温や体調に合わせて柔軟に使うのが一番です。

          親コメント
        • by Anonymous Coward
          空調服の電源に太陽電池は使えないの? (揶揄してるわけではなく、純粋な疑問です)
      • by Anonymous Coward

        コンクリートやアスファルト、室外機など高温になる要素が少なく、
        かわりに土壌や木草など熱を溜め込まない要素も多く、今ほど暑いことはなかった。

        • by Anonymous Coward

          よっしゃ、今から日本中のアスファルトひっぺがそうぜ!

      • by Anonymous Coward

        昔と今は大変気候が違います
        http://www.data.kishou.go.jp/climate/cpdinfo/temp/an_jpn.html [kishou.go.jp]

      • by Anonymous Coward

        昔とは違うんだって言う書き込みが多いけど、そんなこと抜きにして不自由や苦痛に耐えて昔に戻れって言うならそれはもう節電の域を超えてるよ。そんなのは御免だから早く原発動かして欲しい。電力不足が陰謀だって言うなら動かさなくて結構だけど。

    • by Anonymous Coward

      国と電力会社に責任があるので、自治体は関係ありません。

      原発の再稼動を止めてる急先鋒は、自分が雇われている大阪市なのに、
      「供給責任を果たせないならまず誤れ」と言い放った古賀某は、正直頭がおかしいと思ったな。
      国の対応はかなり駄目駄目だと思うけど、首相が消費税増税しか興味ないからな。

    • by Anonymous Coward

      日本の医療財政の現状を鑑みるに、10万人オーダーの死人が出るのは国にとって願ったりかなっ...おや、こんな夜更けに誰か来たようだ

    • 電力の使い道ってピンからキリまであるだろうに、なんで使用量を減らすっていうと死人が増えるって話が真っ先に出てくるんだろうねぇ。

      本当に人命が大事だって言うなら、そちらに電力を優先できる仕組みをそろそろ考えるべきなんじゃないの?

      • by Anonymous Coward

        > 本当に人命が大事だって言うなら、そちらに電力を優先できる仕組みをそろそろ考えるべきなんじゃないの?

        そりゃそのとおりですが、今年どうするかが問題になってるのであって、
        今からそれを考えたり導入したりして2年後や5年後とか10年後にどうにかなるのはまた別の話。

        「マザーコンピュータのプログラム書き換えてチョチョイのチョイ」ではないので。

      • by Anonymous Coward

        発生し得る死人の種類は次のとおり。

         ・電力を使用する機器で生命維持している病人
         ・冷房が使えず、熱射病で死ぬ人
         ・電力使用制限で工場が倒産し、首を吊る人
         ・倒産した工場から解雇され、路頭に迷った挙げ句行き倒れる人
         ・緊急時に電力不足で手術ができず、見殺しになる人
         ・計画停電で信号機が止まり、発生した交通事故で死ぬ人

        さて、どれを優先しますか?
        # 皮肉ではなく、単に、決めることなどできないだろう?と言う趣旨です。

        不足量が少なく病院を優先するだけで済む水準ならともかく現在の予測では、最大限楽観的に見積もって、さらに周辺電力会社管内から横取りしてさえ、15%の不足なんです。
        優先順位付けなどというぬるい対策で済む状況を超えているんです。

        • いや、だからそういう、「どの1kWhの削減も誰かの死亡リスクを優位に高めます」と言いつつ、誰も具体的な数字を出さない状況がうんざりだっていってるわけ。

          だいたい「工場が倒産」なんてのもこっそり混ざってるけど、無料じゃない以上、電気代が足りなくて倒産した工場なんて今までにもいくらでもあったろうし、これからもあるでしょうよ。

          「決めることなどできないだろう」どころか、社会的にはキッチリ順序付けするシステムが存在していて、我々はその上で生活してきたわけですよ。あなたが気づいてないだけで。

          にもかかわらず、原発が動くかどうかのときだけしたり顔で「人の命は大事でしょ」なんて平気で言えるのはどれだけ面の皮が厚いんでしょうかねって話。

          親コメント
          • by Anonymous Coward

            削減じゃなくて不足です・・・と言うのはとりあえずいいとして。

            > だいたい「工場が倒産」なんてのもこっそり混ざってる
            普段ならあなたの言うとおり、同列に論じるのは、気が確かなのか?というものです。
            しかし、今回の橋下氏とそのシンパによって作られた電力危機は、これら全てを大規模に発生させるんです。

            優先配分するためには、配分から外れたグループの不利益が社会全体から見て許容できる程度である必要があります。
            # あくまでも、「社会全体から見て」であって、不利益を受ける個々の当事者の視点ではありません。

            しかし今回は、近隣の電力会社を含め、何の問題も

        • by Anonymous Coward

          え、簡単に決まりますよ。

          私の場合、優先順位は、
          ・ 電力を使用する機器で生命維持している病人
          ・ 緊急時に電力不足で手術ができず、見殺しになる人
          ・ 冷房が使えず、熱射病で死ぬ人

          ・ 計画停電で信号機が止まり、発生した交通事故で死ぬ人

          ・ 電力使用制限で工場が倒産し、首を吊る人
          ・ 倒産した工場から解雇され、路頭に迷った挙げ句行き倒れる人
          (先に挙げたものほど、生きるのを諦めて戴く優先順位が高い。空行は、その前後で優先度が大きく変わることを示す)
          です。
          どうも、
          寿命, 健康 > 運 > 社会問題 (左ほど、諦め度が高い)
          と考えているようです。

最初のバージョンは常に打ち捨てられる。

処理中...