パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

中国で下水などから作られる「下水油」は基準を満たしている」記事へのコメント

  • 上流域で使われ、下水・汚水として処理された水が河川に戻り、そして下流ではそれを再び飲用しているわけですよ。

    安全基準や品質基準を満たしていれば「問題なし」になるのは当然じゃないですかね。

    先般の利根川のホルムアルデヒド事件だって、検出されたけど値が低いからそのまま水道供給し続けていた地域だってあるわけですし。

    あれだって「産業廃液から飲料水が!」ですよ。
    • by Anonymous Coward

      上流域で使われ、下水・汚水として処理された水が河川に戻り、そして下流ではそれを再び飲用しているわけですよ。

      安全基準や品質基準を満たしていれば「問題なし」になるのは当然じゃないですかね。

      先般の利根川のホルムアルデヒド事件だって、検出されたけど値が低いからそのまま水道供給し続けていた地域だってあるわけですし。

      あれだって「産業廃液から飲料水が!」ですよ。

      いやはや全くもってその通りだと思いますよ。

      飲料水やら、食肉用の肉やら、魚肉やら、そんなものから放射性物質が検出されようと「微量だから問題なし」とか
      そもそも1ミリシーベルトだって、「10ミ

      • by Anonymous Coward on 2012年05月31日 13時07分 (#2164166)

        人が死ぬ可能性って意味では同じかもしれませんけど、放射線と化学物質を同列に扱うのは理解に苦しみます。
        放射線は一律に検査できますが、化学物質は違います。
        今回の検査は、すべての人体に悪影響がある化学物質が存在しないことを確認したわけではありません。
        あくまで、「食品基準で検査される対象の化学物質が、基準値以下だった」というだけです。

        元記事の

        >「地溝油」はヒ素の百倍も毒性が高く、地上最強の発がん性物質とも呼ばれるアフラトキシンが含まれている。今もどこかの家庭やレストランで検査をクリアした「地溝油」が食用油として使われている可能性は否定できない

        この部分をどうお考えですか?

        親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...