パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

解読に数十万年かかるとされた暗号、148日で解読される」記事へのコメント

  • 解読に必要な時間の期待値は、予測できそうなものですが。

    期待値としてはやはり数十万年で、今回すぐに解読できたのは偶然なのでしょうか?
    (もしそうするなら、どんな勝算があって解読に着手したのかということになりますが)。

    それとも、平均しても100日程度で解読できてしまうものなのでしょうか。

    あるいは、すぐに解読できてしまうということを証明したのだけど学界の大御所が受け入れて
    くれないので、仕方なく実際にやって実証することにしたとか?

    • by Anonymous Coward

      http://scan.netsecurity.ne.jp/article/2012/06/18/29280.html [netsecurity.ne.jp]
      こっちの記事によると解読を大幅に高速化する攻撃方法が発見されて、それを実証したということみたい。
      > 期待値としてはやはり数十万年で、今回すぐに解読できたのは偶然なのでしょうか?
      偶然でそんなことが起きる可能性は確かにゼロではないが、本気で心配してるなら二度と放射脳の連中を笑えないな。

      • by Anonymous Coward

        なぜ放射脳の話に飛躍するのか分からないけど、小さな確率のことでも、起こるときは起こりますよ。

        • 小さな確率のことでも、起こるときは起こりますよ。

          そういう考え方をすると統計学の意味がなくなってしまいます。
          男女の生まれる確率は男性の方が若干高いことが統計的に示されていますが、来年から逆になる可能性もゼロではありません。
          解読に数十万年かかるとされた暗号が148日で解読されたら、偶然ではあり得ない、と考えるのが正しい科学のスタンスなわけです。

          • by Anonymous Coward

            1000年に一度の地震が起こる確率はどれくらい?
            巨大隕石が地球に落下する確率はどれくらい?
            いずれも、過去に起こってますよね。
            確率が小さいのと、確率がゼロなのとは、まったく違います。

            小さい確率を無視するのが科学ではありません。
            あることが起こる確率が小さいとき、そこには何か理由(法則)があるに違いないと考え、それを解明するのが科学的な考え方です。
            もうすこし踏み込むなら、「確率が小さい」という表現は定量的ではないので、科学的な考え方に立てば、あまり良い表現ではありません。

            解読に数十万年かかるとされた暗号が148日で解読されることがありうるかどうかは、そもそも科学とは関係ありません。

日々是ハック也 -- あるハードコアバイナリアン

処理中...