パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

理想の上司」記事へのコメント

    • 駿河大納言忠長(山口貴由・作画 南條範夫・原作「シグルイ」)
    • 松平斉韶(三池崇史・監督「十三人の刺客」(2010年版))
    • カン・ユー(高橋良輔・監督「装甲騎兵ボトムズ」)
    • 山守義雄(深作欣二・監督「仁義なき戦い」シリーズ)

    色んなタイプを取り揃えてみましたが、「上司に持ったら命が危ない」と云う点では共通しております。

    • 古代進艦長代理(宇宙戦艦ヤマト)

      歴代の艦長(代理含む)の中で、第三艦橋を壊しているのは
      古代君だけだったような。

      • 歴代の艦長(代理含む)の中で、第三艦橋を壊しているのは
        古代君だけだったような。

        ドメルの自爆で艦底部ごと第三艦橋を持って行かれたとき指揮を執っていたのは沖田艦長。
        ガミラスの海でのんびり船ごっこしていて第三艦橋が溶け落ちたときは古代艦長代理(それを聞いて「海に潜れ」と宣う沖田艦長も相当な肝っ玉ですが)。
        さらばの時って…具体的に壊れましたっけ?(乗組員ほとんと全滅の憂き目をみているわけだから相当の損傷だろうけど)
        あとは、完結編でウルクに強行着陸(あれくらいじゃ壊れないのかな?)を命じたのも、ヤマトを自沈させたのも沖田艦長(第三艦橋どころじゃねぇ…)。
        復活編は…見てないんでわからんですが。

        # 確かに自分から「壊して」いるのはガミラス星での古代君だけかも知れない…(笑)。

        親コメント

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...