パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鬱になる SF 作品、あなたのナンバーワンは? 」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ぱっと思いつくのは『日本沈没』とか『継ぐのは誰か』とかの小松左京作品ですかね、わたしの場合。

    そもそも・・・

    >SF 小説はは大団円で終わることが多いが、中にはそうではない物もある。

    というのが、なんというか偏った見方のような気がする。
    スペオペはともかく、そうでないものなら大円団で終わるのは半分もないような印象。

    • by nim (10479) on 2012年08月09日 16時30分 (#2209250)

      >スペオペはともかく、そうでないものなら大円団で終わるのは半分もないような印象。

      「大団円」で終わるかどうかはともかく、アシモフとかハインラインは、
      鬱エンドはほとんどなかったと記憶しています。

      # まあ、逆にディックはかなり鬱エンドな気もしますが。

      親コメント
      • by parsley (5772) on 2012年08月10日 0時53分 (#2209577) 日記

        エンドが鬱なのはないにしても、ローダンシリーズは
        死ぬ前に全部読めるとは思えないと思って鬱

        --
        Copyright (c) 2001-2014 Parsley, All rights reserved.
        親コメント
      • by Anonymous Coward

        アシモフだと夜来たる、ハインラインだとポディとか鬱エンドいっぱいあると思うが

      • by Anonymous Coward

        Podkayne of marsはちょっと鬱かも

      • 書こうかどうか悩んだけど、アシモフだと「ファウンデーションの誕生」で、
        ハリ=セルダンが「妻」と死別し、子供たちや教え子達を送り出し、誰もいなくなった
        かつての学舎で、過去を振り返りながら一人寂しく最後を迎えるところはちょっと呆然。

        スターズ・エンドに行くことも、ターミナスに追放されることもできたかもしれないのに、
        一人そこに残ってしまったが故に。

        それは自分で選んだ道だし、やるべきことを達成したがゆえの最後なので、
        それは悲劇ではないけれど、
        (執筆時期からは先になるけど)後年の「伝説的なハリセルダン」とも、
        若き日の「意外と明るく好色なハリセルダン」とも違いすぎて、
        なんとも言えず虚無感が。

        「ロボットと帝国」でジスカルドに先立たれて、独り取り残されるダニールも似てるかも。

人生の大半の問題はスルー力で解決する -- スルー力研究専門家

処理中...