パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

鬱になる SF 作品、あなたのナンバーワンは? 」記事へのコメント

  • やはり、 渚にて [amazon.co.jp]でしょうね。 ぜひ暗澹たる結末に鬱になってください。

    あと、小説版「宇宙戦艦ヤマト」 [amazon.co.jp]も、アニメ版とは比べ物にならないくらい、突き落とされ感のある鬱な結末です。

    そういえば、なぜか

    • 「渚にて」は、登場人物が皆、「良い市民」で物語の終わりまで、淡々と日常生活が続いていくんですよねぇ。
      いよいよ終わりが近づいてきたとき、若い夫婦が、自分たちよりも長く赤ちゃんが生きてしまったら、おなかを空くし、汚れたおむつのまま死ぬまで苦しむからかわいそうと話し合うシーンが切実で悲しくなりますね(大阪の幼児餓死事件の時、このシーンを連想しましたよ)。
       特にすごいスペクタクルもないけど、核戦争後の悲惨さをよく描いた作品だと思いました。
       (筒井康隆でも、核戦争後の人類絶滅を描いた作品があったけど、グロいだけで全然おもしろくなかった)

      • 「おしまいの日」(新井素子)は逆にSFというよりホラーです。「ひとめあなたに…」はSFだけどまた「宇宙魚顛末記」をおもいださせたり

        # 要約すると素子ファンか

        --
        Copyright (c) 2001-2014 Parsley, All rights reserved.

人生unstable -- あるハッカー

処理中...