パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

書店ゼロの街が増加」記事へのコメント

  • 大阪のモノレールの駅に、みんなで作る図書館なるものがあって、おもしろいなと思いました。
    読まなくなった本を駅に設置してある棚に入れておき、読みたい人が持ち帰ってまた返却するというシステムです。
    新しい本との出会いは、こういう形で実現するのもアリなのかなと思います。
    本屋さんでおもしろい本を見つけても、結局通販で買っちゃったりするので...
    • by Anonymous Coward on 2012年08月15日 9時47分 (#2212202)

      東京では数年前に「青空文庫」と言う名前でメトロを中心にやってました(過去形)。
      電子書籍系で無料書籍のことを「青空文庫」と呼ぶのはこの仕組みが語源です。

      ただ、本を汚損してしまうだけではなく時には持っていってしまう人が後を絶たず次第に本棚がカラに…。
      最終的には廃止されてしまいましたけど…。

      親コメント
      • ん?青空文庫は10年以上前からあります [wikipedia.org]よ?
        #何かと勘違いしていらっしゃる?

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        >本を汚損してしまうだけではなく時には持っていってしまう人が後を絶たず

        一般の図書館でもよくある光景です

      • by Anonymous Coward

        > 東京では数年前に「青空文庫」と言う名前でメトロを中心にやってました(過去形)。
        「数十年前」の間違いじゃないの? 電子書籍の青空文庫は15年前から存在してたけど。
        > 電子書籍系で無料書籍のことを「青空文庫」と呼ぶのはこの仕組みが語源です。
        「ソニーのファミコン」みたいな説明だな。Jコミも青空文庫なのか?

      • by Anonymous Coward
        青空文庫じゃなくて、メトロ文庫じゃないかな
    • 用事で通り過ぎるたびに利用したいなと思うけど、場所によっては新興宗教関係の本ばかりが並んでいるところも
      子どもたちが何も知らずに読んでしまうかもしれない、と心配になります

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      いいアイデアですね。

      長期海外旅行をしていたとき、日本人の長期旅行者を見かけるごとに本の交換をお願いしていました。通常なら絶対に読まないジャンルの本と巡り会えたりして楽しかったですよ。新しい本が読めることだけでなく、話しかけるきっかけにもなって◎でした。

      # 「世界を旅する本」なんて落書きとともに、どこの国で別の人の手に渡ったかわかるようになってた本もあって、面白かったなあ。

      • Amazon.co.jpのKindleストアができれば,そういう話も昔話になるのかなあ。
        長期旅行者でも,Kindleを使えばいつでも日本の書籍が買えるんだもの。
        新刊も含めて。

        #残るとすればアレだな。総天然色のエロい本。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          とりあえず「本はアナログじゃなきゃ嫌!」って層はかなり大きいので、そう簡単には絶滅しないでしょうさ。少しずつ漸減するにしても。

          #なんというかいろいろとご自分に引き寄せて考えすぎなのでは?

          • by Anonymous Coward

            レコードがCDに駆逐されたように、ビューワの解像度が上がらないとダメだけど、
            一定水準を超えたら印刷された新刊本が店頭に並ぶのは絶滅に近い状態になるかもね。
            結局アナログ層も紙フェチなのではなくて表示デバイス(ページめくりなどのUI込み。手触りや音もね)
            として紙がいいわけだから。
            ただ、そこを超えるのは難しいのでそう簡単に絶滅しないのも同意。

            その頃になったらアナログじゃなきゃ嫌な人はもっと気軽にオンデマンドで製本できるようになるんじゃないかな。
            ネットで落として気に入ったら本屋(と言う名の製本屋)に行って製本オプション選んでお好みで製本してもらうなんて
            時代になるのかな。
            本屋の未来は不安だけど製本屋の需要は逆に増えるかも?

            # レコードはデジタルに落としこむ際のサンプリングの問題など音そのものに関わってくる問題だけど、
            # 書籍は基本的に文字そのものがもうデジタルだからなぁ。
            # バックパッカーはどこでもネットが出来るわけじゃないだろうからKindleじゃ地域によってはまだ無理か。

            • by Anonymous Coward

              レコードがCDに駆逐されたのは利便性が向上したからだけど、電子書籍はかさばらないこと以外、利便性がかえって落ちてるからなあ。

              • かさばらないと検索ができるって事だけでかなりのメリット
                紙にしかない利便性ってなんだろう そこまでメリットがあるとは思えない

                親コメント
              • by Anonymous Coward

                消失し難い、濡れようが、汚れようが読める
                ボタンひとつで消去できてしまう電子書籍に対しての最大のメリット
                有償物なんだからそれが一番重要じゃないの
                かさばるほど本を読む人は少数派だろうし

              • by Anonymous Coward

                >紙にしかない利便性ってなんだろう
                20年後、40年後でも間違いなくそのまま読める

                今の電子書籍で20年後にも読めるモノってどれくらいあるだろうね?

              • by Anonymous Coward

                紙の利点は、電池切れが無い、スイッチを入れる必要がない、(手持ちの)本を数冊持ってきて、パラパラ見比べることも可能。
                しおりを何ヶ所も挟んでおいて、瞬時にページを切り換えるなんて芸当は、電子書籍では無理。

                ちなみに、特定ワードによる検索って、紙の本で欲しいと感じることなんて1年に1回あるかどうか。
                目次と索引と斜め読みで間に合っている。

                # 廊下に積まないといけないくらい本を買っていて、東芝のBookPlaceを持っているけど、
                # 自炊のコミック以外のものを電子書籍で読もうなんて気は起きない。
                # 目の前に紙の本があるからだけど。

      • バックパッカー向けの安宿にはたいてい共同本棚がありましたね。
        読み終わった本は置いていっていいよ、読みたいのがあったら持っていっていいよって感じのルールです。
        感想がびっちり書き込まれたちょっと古い地球の歩き方なんかがあって、見てるだけでもおもしろかったです。

        親コメント
      • 以前、よく海外出張に行ってた頃、定宿としていたホテルのロビーには、同じような日本人出張者が寄贈していった書籍が置かれた本棚がありました。
        文庫本や雑誌が大半で、そんなに変わったものはありませんでしたが、ちょっとした暇つぶしには、結構重宝しましたね。
        もちろん、私も行きがけの電車や飛行機の中で読むように買った本なんかをよく寄贈しました。
        寄贈というと聞こえはいいですが、実際のところは荷物になるので捨てて来たということなんですけどね。
        親コメント
    • それいろんなところにあるようで、東京 [hatena.ne.jp]や札幌の地下鉄でも見かけましたよ~。
      ・・・が返却率が低いようで、東京なんかは多くの場所が閉鎖になってしまったようです。

      制度自体はよさそうに見えるのですが、性善説を当てにしたものは大都市ではなかなか難しいのでしょうね。

    • に読み終わった四コマ誌(主に竹系)を持って行ったりしたなあ
      (タイム系はラディカルホスピタルの威光で売店にある)

普通のやつらの下を行け -- バッドノウハウ専門家

処理中...