パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

書店ゼロの街が増加」記事へのコメント

  • 何やってるのかと思ったら

    > 約二十人が交代で、早朝から雑誌に付録を挟む作業などを手伝う。
    > 店長の今拓己さんは「店員は八人ほど必要です。でもうちは六人雇うのが精いっぱい。みんなに助けてもらっている」。

    …なんかもう、ちょっと誘致したくらいで出店するわけないよね。
    つくばみらい市民にそこまでやる覚悟はあるのだろうか。

    • 守谷なり、下妻、つくばへ行けば、大手チェーンの大規模店が有るので、そんなに不便はしないのでは?
      むしろ危機感を抱いているのは、書店に行くついでに買い物も済ませられる事から、売上の減少に直面する地元の商店街ではないかと。

      同じ田舎といっても、車で何時間もかけないと書店にたどり着けない留萌と30分以内に周辺自治体の店舗に辿り着ける関東の田舎では事情が異なりますよ。
      なので、つくばみらい市民に書店をボランティアしてまで支える覚悟があるか、と言われれば、無い、でしょうね。

      •  中学生とか高校生、高齢者とか、車を使えない人もいるんだけど。
         地元の書店で立ち読みできると、いろいろなことを知ることができて世界が広がって楽しいよね。
         現役の大人中心の町作りをしてしまうと、町が不便になって、特に中・高校生が不便さを嫌って、大学進学や就職の際に出て行ってしまうと思うんだよね。
         で、将来的に人口がどんどん減っていくと。
         町の魅力を高めるアイテムの一つとして、そこそこの規模の書店とレコード店はあった方がいいような気はします。 

         ・・・つくばみらい市って、東京まで電車で40分くらいですよね。
         中学生・高校生でも、東京に通っているのかな。

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...