パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

書店ゼロの街が増加」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ってなんでなくならないんだろ?

    • by epgrec (43527) on 2012年08月15日 12時58分 (#2212411)

      どんな制度にもいい面と悪い面があってですね、再販制度にもいい面はあったんです。

      書籍の価格が自由に決まる米国では、人気がある作家とない作家の価格差が大きく
      平均的な新刊ハードカバーの価格は日本よりかなり高めでした。ファンはいて評価も高いが
      それほど多くの部数は見込めない、などという作家の新刊では100ドル以上の値がつくことも
      珍しくありません。一般の人はこうした書籍には手がでないので、ハードカバーは
      余裕がある人の贅沢品という面がありました。

      日本では、再販制度のために平均的には新刊の価格が低かったこともあり、他国に比べると
      本を読む人も多かった、ということがあります。

      ただ、最近は諸般の状況の変化もあって本を読む人が減り、ハードカバーを含めて書籍の
      価格は上昇気味で、再販制度の利点も削がれつつあるといえるでしょう。ただ、再販制度を
      取っ払ったからといって書籍が安くなるわけではない、ということは知っておいたほうがいい
      ですね。話題になり飛ぶように売れるであろう本、たとえば話題になったジョブス本のような
      ものは安価になるかもしれませんが、地味にいい本を出している出版社というのも数多くあり
      そういう会社は閉じるか、価格を大きく引き上げるしか存続することができなくなるでしょう。

      親コメント

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...