パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米陪審団、SamsungがAppleの特許を侵害していることを認める評決。損害額は10億ドル超 」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ぶっちゃけ言えばまだ第一ラウンドです。

    地裁レベルでは
    地元企業に利益が入るように陪審団が動くとか
    陪審員が買収されるとか普通なので、
    実際の賠償どーこーは(連邦)最高裁判所に行ってからです。

    最高裁判所の判決が出るまでの間は、
    カリフォルニア地裁の販売差し止め判決などは地元では有効なので
    「カリフォルニア州ではしばらく販売差し止めにする」とかもできるでしょう。
    これはAppleが各国で無理に喧嘩売りまくって差し止め要求しまくってるのの一環ですね。

    最高裁判所レベルで出す判決は
    地裁とはさすがに権威のレベルが違い、
    ここまで来ると特定企業傾倒とか陪審員の買収とかは不可能。

    • by Anonymous Coward

      最高裁とかいってますが、アメリカの連邦最高裁判所は州政府間の問題などに対しての裁判所なので
      基本的に評決はくつがえりません

      • by Anonymous Coward on 2012年08月26日 20時26分 (#2218909)

        > 最高裁とかいってますが、アメリカの連邦最高裁判所は州政府間の問題などに対しての裁判所なので
        > 基本的に評決はくつがえりません

        地域性が強いものだけでなく、重大な問題だと判断されれば連邦最高裁判所が介入します。

        今回の場合、
        カリフォルニア州だけで差し止め+わずかな賠償金なら介入しなかったでしょう
        (そしてその程度が当初のAppleの狙いであった公算が高いと個人的には思います)が、
        これほど膨大な金額になった以上は介入しない道はありえません。

        そして最高裁判所の裁判となると、前述のとおりアメリカ全土に及ぶ問題となりますので
        「Apple VS サムスン」の次元ではなく「Apple VS すべての企業」の構図になります。
        こうなってしまうとAppleに勝ち目はありませんので、
        Appleとしても困ってるだろう、というのが大方の見方です。

        親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...