パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

大量の電話番号・氏名・住所情報を無料公開しているサイト「住所でポン!」」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2012年09月07日 17時42分 (#2227052)

    こういうので住所調べて、空き巣を呼び寄せることになっちゃうわけですね……。

    • by Anonymous Coward on 2012年09月08日 18時37分 (#2227599)

      空き巣するのに、Facebookなんぞいらん。
      新聞の訃報記事 [msn.com]でおk

      親コメント
    • by Anonymous Coward

      それを言うと、市販の電子電話帳とかも発禁にしなきゃなりませんが。

      • by Anonymous Coward

        Facebook とかで外出中だってことを公開する人の気が知れないというニュアンスが強いです。

    • by Anonymous Coward

      アメリカでの例:
      Facebook、Googleおよびプライバシー
      http://blog.f-secure.jp/archives/50408956.html [f-secure.jp]
      >次に、オンライン電話帳「White Pagesドットコム」を見てみよう。
      >もう一度、ごくわずかな情報、ファーストネームとラストネーム、市、州を使用すると、以下のような結果が得られる:
      (画像)
      >Richard Burrの職場(地元オフィス)と自宅の電話番号だ。
      >他にも何か? Twitter? 本当に? そう。BurrのキャンペーンTwitterフィードが、White Pagesに掲載されている。
      >彼に関する山のような情報がある。そして非有名人も同様だ。このようなリソースは、インターネット中で見つけることができる。

目玉の数さえ十分あれば、どんなバグも深刻ではない -- Eric Raymond

処理中...