パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許庁の「開発中断」となった新情報システム、「54億円の支出は無駄だった」と認定へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2012年10月18日 18時00分 (#2253991)

    ぶっちゃけ、予算付ける(と言うか申請する)段階で彼らに査読させた方がいいんじゃないかと、

    その時点で懸念点を掘り起こしておけばもっと早くに引き返す事も出来ただろうに、
    後からしか「無駄使い」認定できず、しかも、その「無駄使い」認定が今後の予算申請に生かされないのであれば、
    会計検査院の働きも無駄になってしまう。

    • 会計検査院を買いかぶりしすぎていると思うな。

      今回は、計画がどれだけ遅れたか、どれだけの人員を追加したか、他社の入札価格などから、最初から出来そうもないシステムだったと判断できたけど、仕様と価格からそれが判断できるわけじゃない。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        「過去にこんな事案でこんな事をダメ出ししたよ」が未来永劫生かされない状況に一石は投じるんじゃないかな。

        完全に失敗を回避する事はできなくても、「失敗するパターン」「無駄になるパターン」の事例資料はいっぱい抱えてる。
        各省庁のスタッフが失敗を避けるために予算策定段階でその事例資料に学ぼうとしないのであれば、
        予算承認段階で会計検査院がチェックしてアラートを返すのはありなんじゃない?

    • by Anonymous Coward

      無駄になっています。
      今日の決算委員会(年度はちがいますが)でも田中真紀子大臣出席せず。

    • by Anonymous Coward

      妥当か否か判断できるなら、そのスキルくれ。
      割と本気です。

    • by Anonymous Coward

      日本の役所システムのダメなところは、入口を精密に積み上げて、出口が杜撰なところ。
      あまりに出口が杜撰なので、抜き取り調査でチェックするというのが会検。
      予算の精密な積算はやめて、予算執行の硬直運用もやめて、出来上がったものを市民感覚で評価する仕組みが欲しいところ。
      国民から徴集した大切な税金を適正に扱わねば、という精神はよいが、それを実現するために何割もの公務員の機会費用が予算の作業に浪費されている。

      • by Anonymous Coward

        > 日本の役所システムのダメなところは、入口を精密に積み上げて、出口が杜撰なところ。

        精密さの方向性、公務員の労力・努力の方向性が間違ってると思うけどね。
        計画段階から、そんな方向に予算を投じても「目的」には沿わないでしょ?と言うプロジェクトがたくさんあって、
        とてもじゃないが優秀な人間とは思えなくなってる。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...