パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

特許庁の「開発中断」となった新情報システム、「54億円の支出は無駄だった」と認定へ」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2012年10月18日 20時09分 (#2254082)

    未完成の物にいくら出しますよりも、
    完成した物に10億円払います。の方がどう考えてもいいよね。

    • by Anonymous Coward on 2012年10月18日 21時46分 (#2254148)

      ここで雑談しているのはガクセイだけなんだろうか。

      こういう輩は「じゃあ、キミの担当しているプロジェクトが完成したら、その期間の給料をまとめて払うね!」と言われたらどうするんだろう?

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        あたりまえの事のように思いますが。

        映画を作るのに、完成前にどれだけの人がお金を払いますか?
        ゲーム開発も同じですよね。ユーザーがお金を払うかどうかは出来を見てからでしょう。
        Appleはどうですか?あなたは製品発表の何ヶ月も前にお金を振り込むんでしょうか。

        物もできてないのにお金がもらえると思っている感覚が異常だと気づくべきです。

        • 完成品と引換でないと契約しない、とするとどうなるか。
          たとえ完成させて持って行っても、他社が先に完成させて契約したら100億の開発費が無駄になる。
          あるいは、状況が変わってそのシステムが不要になり、契約してもらえないかもしれない。
          また、すでに100億の開発費をかけたシステムを売らないわけにはいかず、たとえ値切られたとしても泣き寝入りして契約するしかない。
          そんな超ハイリスクな状況で誰が開発を始めようとするんだろう。
          結果、そうしたシステムを公募したところで一件も応募がなくなり、特許庁のシステムは永久に更新されない。

          「モノと引換のみ」というのは、契約に対する認識があまりに原始的だね。
          親コメント
        • > 映画を作るのに、完成前にどれだけの人がお金を払いますか?

          映画ならスポンサーは完成する前にお金払ってるんじゃない?

          --
          TomOne
          親コメント
          • by Anonymous Coward

            制作側が金を払って深夜に宣伝を放映してもらってDVDやBDの売上で回収するビジネスモデルの作品しか知らないんじゃね

            • by Anonymous Coward

              どっちにしろ実際に作ってるところは先に製作委員会から制作費が払われてるよ。
              売れなくて困るのは製作であって制作(実際に作ってるところ)じゃない。

              あまり売れないような作り方ばかりしてると仕事が来なくなるだろうけど。

        • by Anonymous Coward on 2012年10月18日 23時54分 (#2254237)

          社会に出たほうがいいよ…

          親コメント
        • by Anonymous Coward

          数億の開発資金が必要な案件を、発注元から代金を回収出来る確約もなく行なって、その代金を回収出来なかった場合、
          受注した側は背任罪に問われかねないですよ。合理性に欠く判断で会社に損害を与えたわけですから。

        • by Anonymous Coward

          キミは今月、どんな「物」を完成させて、お金をもらったんだい?
          ああ、刺し身の上にタンポポを乗せる仕事であれば、そりゃたくさん完成したんだろうね。

          まさに、

          社会に出たほうがいいよ…

          ですね。

          映画やゲームであれば、例えばスポンサーが出資して、監督ほか製作会社がお金を受け取ってモノを作りますね。もちろん、クソな場合、スポンサーは資金を回収できず、パート II はありません。

          だがしかし、情報システムは途中までできたもの、というのは役に立たない。
          たとえば、ビルヂングなんかであれば(建築基準さえ守っていれば)内装未了で終わっても、それなりの価値は有しているわけだけれど。

        • by Anonymous Coward

          >映画を作るのに、完成前にどれだけの人がお金を払いますか?

          最近流行の「作成委員会」方式
          失敗しても、みんなで払えば怖くない!

        • by Anonymous Coward

          そこは「情報サービス産業」ですから

          #この手のシステム作ってる業界は製造業とは呼ばれないのですよ

      • by Anonymous Coward

        どれだけ期間がかかっても単価×期間で払ってくれるなら、こんなに美味しい話はないじゃない!

      • by Anonymous Coward

        ガクセイ「そうすれば、必死になってやるからうまく行く」

      • by Anonymous Coward

        会社が受託開発する場合は、そういう形で支払を受けることも多いですよね。
        個人と会社の違いのひとつに、資産の大きさの違いがあると思うのですよ。

      • by Anonymous Coward

        いや、これはITだけが異常なんすよ。
        「マンション作ってみたけど、これ耐震基準通らなかった。壊してもう一度作り直すので費用出してください」
        ってありえないでしょう? 工学者として恥ですし、ゼネコンがこんな真似したら会社が傾きます。

        住宅だと「住宅完成保証制度」という建築会社ががドロンしたときに備える保険がありますが、ITについても同じような保険制度が欲しいですね。
        で、ヘボベンダーだと必然的に保険料率が高くなるので、一種の格付け作用が働くという。。

        よく富士通とかを「下請けの手配師」と呼ぶ人がいますけど、あれは下請けが逃げたらちゃんと親会社が身銭を切って保証してくれる訳で、あれはあれで会社自体が一種の「保険機構」になっている気が。
        保険を付けずに仕事を発注すると、失敗したときに発注担当者自身が責められるんですよね。「なんで大手に頼まず勝手に冒険したんだ」って。

        • by Anonymous Coward

          んじゃあ、耐震強度計算してくれるツールみたいに設計の妥当性を判定してくれるツールくれよ。

        • by Anonymous Coward

          つまり、「耐震基準を満たした建物」をみんなで作りあって、一番デキのいい建物にだけ金を払えばいいんですね!
          (他の建物どうすんねんというかどこに建てるねん)

          とか

          耐震基準を満たさない建物を建てたら恥だけど、規定の用件は満たしつつ使いにくい/動線が確保しづらい/冷暖房が効きにくい……云々のレベルがダメでも規制用件じゃないから恥ずかしくないもん!

          とか

          よけいな事を思いつきましたが単なる脇道に逸れたヘタなツッコみなので口をつぐんでおきます(指から漏れた)

        • by Anonymous Coward

          いや、マンションの場合は建築基準法通らなくても売っちゃってるのがあるでしょ?

          津波が来て、建築中の家が台なしになっても逃げじゃった建築会社もありますよ。

          一例で喩えるのはやめます。
          どちらが正しいかどうかは、保険でなんとかなるものではありません。

    • by Anonymous Coward

      10億でも100億でもいいけど、日本国の、特許法・実用新案法・意匠法・商標法、その他関連法規、もちろん国際条約に基づく手続きにも対応した情報システムで、完成したものを持ってきたら、商談に乗ってやらんでもないぞ。

長期的な見通しやビジョンはあえて持たないようにしてる -- Linus Torvalds

処理中...