パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ビール会社も発電事業」記事へのコメント

  • 一度電力会社を経由するのではなく、
    ガス会社のように、直接付近の住民や企業に売ればずっと安上がりになると思う。
    地産地消で、電力効率もずっと良くなる。

    あとは自由化したときの電力保証と、原発という不良資産を抱える電力会社の採算繰りの問題になるのだけれども
    電力会社の買い取り義務なんかやめちまって、あとはもう市場主義に任せたほうがいいんじゃないかな。

    • by Anonymous Coward

      小売に送電もやれと?

      • まぁそおうすると発電会社別に配電線が必要になってもっと電気料金が上がりますね。
        かと言っていまの配電線網で契約需要者だけ電力送ると言うのも電気に色が付いてない分技術的に無理ですね。
        • そもそも既に独立系の発電事業者から買電している大口需要家が居るのですから、別にそんなに難しく考える必要は無いと思いますが。

          既存の配電線網に発電事業者が電力を供給して、
          契約者は同じく既存の配電網から電気を取って、使った分だけ、発電事業者に払い、
          その中から一定割合を手数料として配電網を持ってる電力会社に払う、
          それだけで完結するのでは?

          • by Anonymous Coward

            なぜ、「一定の割合の手数料」などという得体の知れない対価で設備を貸さなければいけないのでしょうか?
            配電網使用料は基本料金+送電従量でしょうに。

            事業が成り立たない?知らんよw

            • >なぜ、「一定の割合の手数料」などという得体の知れない対価で設備を貸さなければいけないのでしょうか?
              結局、NTTと同様に設備を貸す羽目になるのではないかな。
              なぜって、それが競争を促すから。

              ソフトバンクは好きではないけれど、あらゆる手管を使って、
              結果的に、日本の通信料金を下げた成果は認めてもいいと思う。

              親コメント

人生unstable -- あるハッカー

処理中...