パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

火星への自殺ミッションに 1000 人以上の志願者が集まる」記事へのコメント

  • 「片道切符で帰ってこれない」ということなら、完全に島流しみたいなもんでしょう。
    もう、流刑惑星と言ってもいいんじゃないだろうか。
    島流しならそれでもまだ地球上にはいるんだから帰る余地があるけどさ。

    現状では地球環境の再現すら地上でもできてないのに [sogoods.net]
    火星に永住とか、もう無茶にもほどがある。
    水に食料、酸素に日光、生命維持のために必要なものだけでなく、
    使命や仕事にそのやりがい、そして娯楽に至るまで、
    いろいろ要求するものの多い人間じゃなくて、

    バッテリーに電力さえあれば黙々と動き続けるロボットで探査を続けるのがまだ賢いと思いますけどね。
    自分なら最初の一年すら耐えられる気がしません。

    • by nci (34333) on 2012年12月07日 13時42分 (#2286371)

      まー単なるネタだよなあ。
      そもそも、火星で生きて行ける資材・物資を運ぶより
      帰還船持っていくほうが遥かに安く・技術的にも楽だよね。

      ##バイオスフィアとか懐かしいなあ

      親コメント
      • >##バイオスフィアとか懐かしいなあ

        自分がKindle書籍で復活して欲しいと思ってる書籍の一つがブルーバックスのコレ。
        「バイオスフィア実験生活―史上最大の人工閉鎖生態系での2年間 」
        http://www.amazon.co.jp/dp/4062571471/ [amazon.co.jp]
        #あとは「SFはどこまで実現するか?」とか

        その昔楽しく読んだけど、今読みなおそうと思ってみたら、どうも入手困難らしい。

        できればKindleで手に入れたいので、ときどきKindle化リクエストのリンクをクリックしてるけど、
        希望者が自分一人だと望み薄。これを機会に読んでみたいと思う人は(ry

        #これはまあ、ある意味でステマの疑いかけられてもしかたないか。
        #自分が業者から金貰ってないってだけで、やってることはあんまり変わらんし。

        親コメント
      • by Anonymous Coward

        > 帰還船持っていくほうが遥かに安く・技術的にも楽だよね。
        0.4Gってそれなりに大変じゃね?
        降りたら最後、そこから衛星軌道まで上がってくるには
        火星表面にロケット発射設備つくらにゃならんような。
        周回軌道までいって地表にロボット探査機投げてもどってくるだけなら人が行く必要ないよね。

    • by Anonymous Coward

      同一時空にいるんだから帰る余地はあるのでは?

    • by Anonymous Coward

      逆に逆境に強い、というか楽しむような精神構造の持ち主が多くなりそうなので
      火星人は精神的に強くて、創意工夫を楽しむ民族、ということになるかもしれないですよ。
      地球では解決出来なかった問題が火星で解決されてしまう可能性もあるわけですし。

      • by Anonymous Coward

        与えられた環境の中で「うまくやる」ことに問題がある人が集まっているとも言える。
        火星で定住というより(他力本願で)次の惑星を目指しそう。

    • by Anonymous Coward

      仮にインターネットに繋く事ができたとしたら、使命や仕事のやりがい、娯楽なしでもOKで閉鎖空間もへっちゃらな人間が万単位はいると思います。

人生unstable -- あるハッカー

処理中...