パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

新しい技術と共存している古い技術は? 」記事へのコメント

  • 「会社から支給されたキーボードはペナペナだった。」
    という理由でキーボードは好みに変える事はよくあると思うけどな

    • by Anonymous Coward

      QWERTY配列とのつきあいは長いですね。DVORAKなどの他の配列もQWERTYの足元にも及ばないし。
      「キーボード」という技術自体も、音声入力その他で置き換えられるに至っていないし。
      脳波入力が実現すれば置き換えられるでしょうか?

      考えてみれば、キーボードで入力する対象である「文字」という技術は数千年の歴史があり、
      それに置き換わる物はまったく考えられないですね。(標識とかアイコンなんてごく限られた情報しか伝えられないし)。

      • by Anonymous Coward

        QWERTY配列というものも、機械式タイプライター時代に、ハンマーのジャミングが怒らないように「左右交互に適当に振り分けられるような配列」にしたんでなかったですかね。
        それが、そういう現象とは無縁の時代になっても延々と使われ続けているわけですな。

        • by Anonymous Coward

          そのハンマーを絡まさない説はデマという話も聞く

          • by Anonymous Coward

            >そのハンマーを絡まさない説はデマという話も聞く

            ・デマ説
            「タイプライターのキー配列が現在と同じQWERTYになったのは、一八八二年八月のことだが、その時代のタイプライターにアームなんていう機構はない。アームを有するフロントストライク式タイプライターが発明されたのは、九年後の一八九一年六月で、実際に普及するのは二〇世紀に入ってからだ。一八八〇年代には存在していないはずのアームの衝突を防ぐために、タイプライターのキー配列をQWERTYにした、なんてのは全くナンセンスだ。」
            『キーボード配列 QWERTYの謎』

            ・デマじゃない説
            実際にはアーム機構を有するタイプライターは、1870年代より存在する

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...