パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

ビットコインの採掘、資本を投じてカスタムチップを装備しなければ勝てなくなる」記事へのコメント

  • 10分間の送金などの記録データがブロックに書き込まれます。
    ブロックの内容は偽造が不可能で、本物の検証が出来ます。
    ブロックは、公開の状態に置かれて共有されます。

    これが、計算力を駆使して行われていることです。

    つまり、銀行システムの運営と思って良いかな?

    このビットコインの送金管理システムが、ビットコインの価値ですね。
    このシステムは、中央管理なしで行われ、送金管理システムには、
    誰でも参加することができます。

    偽造不可能で、本物の検証が可能で、データが公開に置かれる、
    送金システム自体に価値があると思われます。

    言ってみれば、共有かつ公開の銀行システムのような感じ。

    そうして、そのような送金の管理システムの単位:ブロックの生成は
    価値があることなので、ブロックの生成に対して、一定のビットコインが
    与えられます。

    ブロックによる送金管理システムが、ビットコインの価値になります。
    システムに価値を見いだす人が増えてくると、ビットコインの価値が上がります。

    また、ビットコインの価値は、そのネットワークに参加している、計算力にあります。
    この計算力ゆえに、偽造が難しくなるのです。

    ですので、ビットコインに似たシステムを作ったとしても、ビットコインに関わっている
    ネットワークの大きさと、計算力が、ビットコインの価値を際立たせます。

    後発の、似たシステムは、よっぽどの利点があったり、
    ビットコインに問題がみつからない限り、ビットコインをよりも多くの参加者を得ないでしょう。

    ======
    さて、ここで、デフレーションや、暴落の問題があるんだが、
    これは、僕も心配している。

    この問題を解決した別のシステムが出来て、
    なおかつ、ブロック生成の参加者が収入を得るような仕組みも入って入れば、
    ビットコインを置き換えることが出来るのかも知れないですね。

    誰かが、価値を保証するような必要はないと感じています。
    あくまで、先に始めたものが、多くのパイを取り過ぎてしまう(しまった)のが、
    ビットコインの問題かな?と感じています。

    ビットコインは、あと140年ほど発行が続くのですが、
    最初の4年で(今年の11月29日で)、全ビットコイン総量の半分が発行されてしまった。
    次の、4年間で、次の25%が発行されます。

    でも、最初は、普通のCPUで生成できたブロックも、
    今は、最先端のGPUを駆使しても、約に立たないくらいの競争状態。

    • by Anonymous Coward

      本当にそうであればFBIにマネーロンダリングの温床だ [wired.jp]なんて突っ込まれなかったのにね。

      • それが本当で、送金システムの信頼性が高いので、マネーロンダリングに使われる可能性もあるのでは?

        上の解説以外にも、送金データが公開のネットワーク上で共有されているので、プライバシー保護のために送金データと、個人との結びつけを困難にしてあります。この支払いの匿名性故に、マネーロンダリングや、犯罪行為の支払いに使いやすくなります。

        しかし、支払いのどこか一部で個人を特定したり、個人の保有するビットコイン・アドレスの一覧を差し押さえたり出来ると、全コインの移動経路の追跡が可能なので、詳しく調べられちゃうかも。

        特に、Mt.Goxなどの交換所で、普通の通貨を銀行から振り込んで、ビットコインを買ったりしてると、当局はかなりのことが調べられると言われています。

        Mt.Goxでは、アクセスのIPアドレスを重要視しているらしく、匿名のアクセスを保証するTOR経由でアクセスしているユーザの口座は閉鎖されるらしい。

        親コメント

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...