パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

光学迷彩、ついに実用化?」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    正面から見ても斜め45度から見ても斜め53度から見ても向こうが見えるためには、
    入射角を記憶して出口側に伝える仕組みが必要。

    • by Anonymous Coward

      一本の光ファイバーが半周分くらいになる様に円筒の袋状に編んで、光ファイバーの端を毛羽立たせれば前面の光が後ろに行くので、工学迷彩に。
      でも本物はフォログラフィーっぽいんだよなぁ~。

      • by Anonymous Coward

        適当に毛羽立たせたら、一本のファイバーが反対側でどちらの方向を向いているかわからないでしょ。
        変な方向の光を導いて、かえって目立っちゃいますね。

        一本一本を円筒の軸に対して放射状に正確に毛羽立たせるなんてことができるとして、
        それが出来ても視点の方向を向いているのは中心だけですね。
        真ん中の一列だけ透明であとは真っ白い筒。

        • by Anonymous Coward on 2012年12月16日 7時47分 (#2291086)
          表面を分割して、1区画に対して残りの全区画からファイバーを引っ張って
          裸眼立体視のレンズみたいに、それを方向ごとに良い感じに見えるようにしたら
          解像度と明るさは下がるけど、なんとか向こうが透けて見えたりしないかな
          親コメント

「毎々お世話になっております。仕様書を頂きたく。」「拝承」 -- ある会社の日常

処理中...