パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

第 2 回将棋電王戦、対局者が決まる」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    世界コンピュータ将棋選手権に自作将棋プログラムで参加したことがあるモノですが、米長会長(元名人)がボンクラーズとの対局後に著した「われ敗れたり」を読むと、今回の電王戦は人間側が1勝もできない可能性があります。負け越すと思います。将棋に関しては人間対コンピュータの対戦はほとんど無意味だと思います。
    「われ敗れたり」によると現役のタイトルホルダーが最強レベルの将棋プログラムに1手30秒以内でコロコロ負けているそうです(非公開の対局です)。時間が長くなると状況は変わりますが、コンピュータ側が優勢だと思います。米長会長対ボンクラーズで米長二手目6二玉が奇策と騒がれましたが、これは定跡系ではすでに勝てないと会長が認めたと考えています。

    • 別に勝てなくてもいいんじゃないかな。

      この辺はまだ個人ユースでも出来る範囲のハードウェアなわけだけど、将棋にチェスのときみたいに
      IBMとかが本気だして処理能力と本職の専門家をガンガン投入してきたらそれこそコンピューターが7冠達成とかするんじゃなかろうか。

      というか「閃き」システムとか「勘」システムを実装できてはじめてコンピューターの勝ちのような気がする。

      • by Anonymous Coward

        > というか「閃き」システムとか「勘」システムを実装できてはじめてコンピューターの勝ちのような気がする。

        そのシステム、具体的にどういうこと?新手を見付け出すシステム?

        • 人間がもってる閃きとか勘だから新手とはまた違うかもしれない。
          結果として新手になることはあると思うけど。

          勘でいうと総当りでの思考ではなく
          なんとなくこの手の先はなさそうなので、その手の先を捨てるとかそういう感じでしょうか。
          うまく説明は出来ませんが、これを明確に言語化出来たりすればシステムの実装に1歩近づくかもしれません。

          • by Anonymous Coward

            「この手」を評価して、先を切り捨て選択肢を狭めるやり方は既に様々な将棋のプログラムで実装されているよ。
            システム実装の概要について知りたいのなら、この本オススメ。

            人間に勝つコンピュータ将棋の作り方
            http://gihyo.jp/book/2012/978-4-7741-5326-1 [gihyo.jp]

            性格の悪い質問をしてしまったけれど、
            もしコンピュータが電王戦で勝っても「力技じゃあコンピュータの勝ちじゃないよね」なんて言われたらちょっと。。
            なので、#2291653の最後の一文に引っ掛かってしまった。

            • >先を切り捨て選択肢を狭めるやり方

              枝刈りというやつですね。研究の歴史は長く、さまざまな手法がありますけど、
              チェスで全幅探索が有効に機能したことから、最近は将棋でも前向き枝刈りを
              行わない、力ずくのような方法が増えてるようです。

              親コメント

UNIXはただ死んだだけでなく、本当にひどい臭いを放ち始めている -- あるソフトウェアエンジニア

処理中...