パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

機械の耐用年数に関する不思議」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    ビジネスユースのレーザプリンタは、すべての部品が耐用年数を満たすようにしっかりと設計。
    場合によっては専用部品も作りました。

    安価な民生用ファックスにはそこまで開発費・開発期間が掛けられないので、設計時の検討も大雑把。
    マージン的に多分耐用年数がもつであろう社内汎用部材などを使用。
    結果としてオーバーマージンになったので壊れません。

    以上を想像してみたのですが、どうでしょうかね。

    • by Anonymous Coward

      >マージン的に多分耐用年数がもつであろう社内汎用部材などを使用。

      特に初期モデルでそういうことが多い。
      しかし普及するにつれ、耐用年数に関するデータも蓄積されていき、
      モデルを重ねるごとにより低いグレードの部品を使うようになる。
      そして成熟すればするほど、当初予定通りの耐用年数しかもたない製品として「完成」する。

      みたいな噂はあります。
      経験的にもそういう話はチラホラと。

      #まあ5万も10万もした初期のビデオデッキと、末期の1万数千円のビデオデッキが
      #同じ部品を使って作られてるわけないわなあと。PCなんかもそうかなあ。

      • by Anonymous Coward on 2012年12月23日 11時24分 (#2295135)

        > #同じ部品を使って作られてるわけないわなあと。PCなんかもそうかなあ。
        PCもCPUは最初は歩留まりを上げるため余裕を持った設計になっているので、
        オーバクロック耐性のあるロットが多いなんて話を聞いたことがあります。

        親コメント

皆さんもソースを読むときに、行と行の間を読むような気持ちで見てほしい -- あるハッカー

処理中...