パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

福島第一原発事故被災者、長期におよぶ精神的な健康被害が懸念される」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    放射線と発がん、日本が知るべき国連の結論
    http://www.nikkei.com/article/DGXZZO50651160W3A110C1000000/ [nikkei.com]

     昨年12月、極めて重要な報告書が粛々と発表された。そこに結論として書かれているのは、
    原子力科学の専門家が長年にわたり主張してきたことだ。
    ――つまり、約0.1シーベルト(Sv)または10 rem以下の放射線の被曝(ひばく)は大した問題ではない。

    個人的には原子力村が作ってきた自分たちに優位な法律・規制(例えば一定以上の放射性物質を漏らさないとか)を
    自分たちが守れなかった点が一番の問題だと思うんだけど

    • by Anonymous Coward

      放射線より
      風塵被害や、今回の精神疾患、およびアルコールによる肝機能障害らの
      ほうが重大な問題であることは比較的早期から指摘され続けてきたことです。

      放射線は、たしかに、重大で、重要な問題ですが、全体の健康リスクから考えれば
      ごくごく軽微なものです。軽視していいことではありませんが。
      ゼロだったリスクが 0.01増えただけのこと。
      それ自体はトピックとしては 大きなことですが、
      疫学上からいっても リスクマネジメントからいっても 全く 統計上に現れない
      ことであって、それに対する fearのほうがずっと重要な問題だと言えるでしょう。

      • by Anonymous Coward on 2013年01月18日 4時02分 (#2308018)

        精神的な被害のある程度、あるいは多くの部分、も今回は放射線により引き起こされたものではないですか?

        放射線より、放射線によって引き起こされた癌が重大であり、放射線の影響は軽微だ、と言ってるようなもので不可解です。
        リスクマネジメント上も、どの程度のPTSDが原発事故に起因するのかに着目するものではないですか。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          癌にならないのであれば放射線を恐れる必要がないので精神的な被害も発生しませんよね。

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...