パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

自民議連、医薬品のネット販売に法改正で改めて規制を」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    第一類医薬品(鎮痛剤のロキソニンとか)は、副作用のおそれが強く、
    販売時には書面をもって薬剤師が購入者に説明することが義務付けられています。
    (第二類は努力義務、第三類は不要)

    第二類(薬用養命酒とか)までは通販でもぎりぎりOK,と思いますが、第一類が通販で売られるというのは薬事法の想定外だったのでしょう。
    それを行政機関が“法に基づかない省令”で規制するのはダメダヨ、というのが最高裁の判決でしょう。
    そして、最高裁の判決後、各通販サイトで第一類医薬品が売られています。

    自民党の法案が何を指しているのか記事から不明ですが、第一類に対して法で明文化した規制をかけるというのなら
    法の不備を立法機関が匡すということですのですから、真っ当なことだと思います。

    • Re: (スコア:3, すばらしい洞察)

      一部の発毛剤が第一類になってることが話をややこしくしていると思う。

      自分がハゲであることを一々赤の他人に告白しないと毛生え薬を売ってもらえないとか、
      何の罰ゲームだよ。そりゃ通販で買いたくもなるよ。

      • by Anonymous Coward on 2013年01月22日 14時20分 (#2310586)

        リアップに使われているミノキシジルは元々血管を拡張する高血圧治療薬として開発されていたところ、
        脱毛に効果があることがわかり発毛剤として使われるようになったという経緯があり、
        その出自からして循環器系への作用がありますし、直接の因果関係は証明されていないものの
        使用者の循環器系疾患による死亡事例も報告されています。

        従って薬剤師による問診と説明をしてもらってから購入すべきですし、
        第一ハゲなんざ告白されるまでもなく見りゃわか(ry

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          帽子で隠せてるって思ってい(ry

人生unstable -- あるハッカー

処理中...