パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Microsoft、「Gmailはユーザーのメールをのぞき見ている」と主張するサイトを公開」記事へのコメント

  • Google Driveで「お前のモノは俺のモノ」宣言をしてみたり、
    最近○○系のダイレクトメールが増えたなーと思ってたらGoogle Adsの広告が○○系一色になったり。

    そして先日、友人が「Y!ノートが終了するから、パスワード保存をGoogle Driveに移行するんだ♪」
    などと訳の分からないことを言っていたので全力で阻止しました。

    読み取っているのが怖いのではなく、そのデータが他に使われたり、
    外に漏れるリスクが怖いんですけどね。

    • Re: (スコア:5, 興味深い)

      by Anonymous Coward

      私は職業柄、社内の全メールを閲覧可能な立場にいます。
      メールアーカイブサーバに権限を持ってアクセスできる、という意味です。
      誓ってやりませんが、例えば私がストーカーだったら、特定の社員の
      業務メール全てに目を通すことが可能です。

      次にプロバイダのメールはどうでしょうか。
      不慮の事故による消失を避けるため、どこかにメールアーカイブが
      用意されている場合が多いと予想します。
      そのアーカイブにアクセスできる人間が、極少数ですがいるはずです。
      その人間は信頼できるのでしょうか。

      webメールなら、その懸念はより顕著になります。
      確実にサーバ上にメールが残っています。
      やはり少

      • Re: (スコア:4, 参考になる)

        > さて、プロバイダメールは信用できて、webメールは信頼できない
        > 理由は何でしょうか。

        自分がメールアカウントを使う場合、ISPは有料のため、その代金の範囲でサービスを提供する義務が発生するが、無料Webメールの場合、無料のため何の義務も発生しないといった違いがある。この場合、サービス提供者の倫理観や社会的責任に期待するしかない。
        もちろん、個人の場合、ISPに支払う代金は知れているから、実質的には、著名企業の提供する無料Webメールと大差ないかもしれない。

        自分がメールを受信する場合、ISPは代金支払いのためにクレジットカ

        • Re: (スコア:3, すばらしい洞察)

          by Anonymous Coward

          有料だから義務があって、無料だから義務がないってことはないですよ。

          その代金の範囲でサービスを提供する義務が発生する

          なので、そんな義務も発生しませんし、その代金に拘束されるものでもありません。

          有料、無料は関係なく、両者の合意がある契約によって縛られます。

あと、僕は馬鹿なことをするのは嫌いですよ (わざとやるとき以外は)。-- Larry Wall

処理中...