パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

遠隔操作事件の被疑者、ウイルス作成に使われた言語は使うことができないと弁護士に話す」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    出典: 遠隔操作の本当の真犯人の手口を種明かししてみるテスト [naver.jp]

    (1)乗っ取り準備期間
    犯人は、11月時点で、容疑者の行動を監視していたことになります。このことから、今回は数時間とか数日というタイムスケールではなくもっと長い期間をかけて、多数のパソコンの走査を行うことができたということになります。
    これまでに犯人の乗っ取りの「仕掛け」が明らかになっているのはあくまで乗っ取り被害者が逮捕されてしまったケースだけですから、実際には沢山の「仕掛け」をしていた可能性があります。それが2ちゃんねるやしたらば掲示板に限定されるという想定ははずしましょう

    • 日本は法治国家なので、「やったと証明できない限り」罪に問われる事は無い(ハズ)。
      なんか怪しいからオマエ有罪な、とはならない。

      今回の容疑者逮捕は、「遠隔操作して、コミケの業務妨害をしたので、威力営業妨害容疑」でだと聞いてます。
      つうことは、直接証拠(目撃証言や自白)はたぶん取れないでしょう。だと、間接証拠の積み上げになるはずです。

      で、何で公判維持するかになるんだけど、たぶん威力業務妨害罪と不正指令電磁的記録に関する罪でじゃないかなあ。

      このうち、「威力業務妨害罪」の方は、遠隔操作ウイルス事件の真犯人を逮捕した!という主張の為のものでしょう。

      • 「疑わしきはまず逮捕してマスコミ使って社会的に抹殺した上で自白強制して有罪!」

        これがまかり通るのが日本ですよ

        --

        ψアレゲな事を真面目にやることこそアレゲだと思う。
        • そりゃまそうなんだけどね、それは「日本」でみるとだからよ。
          犯罪捜査を行うのが「警察」で、国家の名の下に公訴するのが「検察」で、罪を決めるのが「裁判所」。

          コメント(#2326794)したのは、「裁判所は、ヤッタと証明されてなかったら罪には問わないだろ」ってこと。
          結構みんな勘違いしてることが多いけど、自白は直接証拠にあたるから、間接証拠より重いんだよ。
           # 血の付いた包丁よりも、犯行目撃者の証言の方が重い。
           # 犯罪を直接に証明しているか、間接的に証明しているかの違いね。

          疑わしきはまず逮捕、揺さぶりかけて"秘密の暴露"を含む自白を引き出したら、有罪ってのは、流れとしては正しいのよ。
           # 問題なのは、見込みで逮捕した場合に警察は間違って逮捕したことを滅多なことでは認めないこと。
           # あとは、被疑者(=犯罪を犯したと警察に疑われている人)を
           # 逮捕(=証拠隠滅の恐れがあるから身柄を拘束する)したことを、
           # 「容疑者が逮捕されました!これで解決です!」とばかりに、有罪だってことにして報道するマスコミ。

          で、今回の場合問題になるのは、「IPアドレスなどの間接証拠の積み上げで、2人は自白までして、1人は否定してたけど公訴中」だったけど全部間違いだったという前例があること。
          だから、滅多なことでは裁判所は「そいつがやったという合理的な証拠の積み重ね」を認定しないだろうってこと。

          フツーは「スーパーハカーが俺のPCを使ってやったんだ!」って言っても「そういう証拠もないし合理的な理由もない。そんなやつがいる証拠もないから無視」ってされるんだけど、今回の場合はそもそもが「遠隔操作ウイルス事件の犯人」を裁こうとしているから、そいつがいるって前提に立たなきゃ行けない。

          だから、遠隔操作ウイルス事件ってのが無い状況で逮捕されたんだったら、いつものよーに、特に裏付け捜査とか丁寧にせずに自白引き出して有罪になってた可能性が高い。
          でも、現状で報道されてる情報をみるに、おそらくこの状況だと、検察官が公訴するに足る証拠が集まってないと思う。

          たぶん本来あるべき形での裁判前の捜査が行われるんじゃないかなあ。
          1.ネコの首輪を、容疑者が購入したという証拠
          2.雲取山の写真に写ってたUSBメモリを購入したという証拠
          3.負けの時の写真に写ってた、ガムテープ、カッター、LANケーブルを持っていたという証拠
          とかを、一個づつ丹念に進めてると思う。
          ただ、全部持っていたという事が証明されたとしても、それでもって写真を撮れたことが証明できても、不正指令電磁的記録まで繋げるのは相当難しいんじゃないかなあ。

          とか、そういうね、「今までの警察の捜査や、検察のやりかた」が通用しないんでないかな?ということ。

          ***
          さらに言うとね、(こういう想定はかなり不謹慎だけれども)例えば今回の容疑者が真犯人だったとするじゃない。
          で、色んな理由で嫌疑不十分として起訴が見送られたとする。
          するとさ、(報道されている内容を信じるなら)容疑者が過去に服役までした全く同じ構造の事件を、冤罪だと主張されたときに、これは非常に否定しづらい。だから再審請求までは行くだろうな、と思う。
          もしも容疑者が真犯人だったとするならば、逮捕されるところまでは想定内で、そっから先は起訴されないか、起訴されても無罪になるだろうって見込みの元で賭に出てるんじゃないかな。

          逆に言えば、真犯人が別にいて、容疑者は完全に巻き込まれてた場合は、犯罪史に名前が残っちゃうんじゃないかなあ。

          親コメント

ハッカーとクラッカーの違い。大してないと思います -- あるアレゲ

処理中...