パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

遠隔操作事件の被疑者、ウイルス作成に使われた言語は使うことができないと弁護士に話す」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    出典: 遠隔操作の本当の真犯人の手口を種明かししてみるテスト [naver.jp]

    (1)乗っ取り準備期間
    犯人は、11月時点で、容疑者の行動を監視していたことになります。このことから、今回は数時間とか数日というタイムスケールではなくもっと長い期間をかけて、多数のパソコンの走査を行うことができたということになります。
    これまでに犯人の乗っ取りの「仕掛け」が明らかになっているのはあくまで乗っ取り被害者が逮捕されてしまったケースだけですから、実際には沢山の「仕掛け」をしていた可能性があります。それが2ちゃんねるやしたらば掲示板に限定されるという想定ははずしましょう

    • 日本は法治国家なので、「やったと証明できない限り」罪に問われる事は無い(ハズ)。
      なんか怪しいからオマエ有罪な、とはならない。

      今回の容疑者逮捕は、「遠隔操作して、コミケの業務妨害をしたので、威力営業妨害容疑」でだと聞いてます。
      つうことは、直接証拠(目撃証言や自白)はたぶん取れないでしょう。だと、間接証拠の積み上げになるはずです。

      で、何で公判維持するかになるんだけど、たぶん威力業務妨害罪と不正指令電磁的記録に関する罪でじゃないかなあ。

      このうち、「威力業務妨害罪」の方は、遠隔操作ウイルス事件の真犯人を逮捕した!という主張の為のものでしょう。

      • Re: (スコア:2, すばらしい洞察)

        by Anonymous Coward

        > なんか怪しいからオマエ有罪な、とはならない。

        いやいや、それは日本の司法制度を美化しすぎてるよ。

        確定的ではない状況証拠の束で「合わせて一本!」な感じで有罪になるのが日本ね。「合理的な疑いを差し挟む余地のない程度に証明されていると認められる」とかで、死刑にもなってしまうがね。

        この遠隔操作の件は、被告が無罪である事を立証する証拠でも無い限り、やはり「こいつが怪しい!」で有罪になってしまうんじゃないかなあ。

計算機科学者とは、壊れていないものを修理する人々のことである

処理中...