パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

偽造防止用DNA入りインクが開発される」記事へのコメント

  • 別に鑑別可能であればなんでもいいんじゃない?
    うちすごいんだぞって言いたいの?

    # 欠点DNAだとたぶん使用に耐えないと思う。そのあたりが微妙。

    • マーカーとして使える高分子のうち、バイオテクノロジーを使って簡単に
      大量生産可能なのがDNAくらいしかないからじゃね?
      同様な高分子を人工的に合成しようとしたた、いったい経費がいくらかかることか。

      …と思ったけど
      「基本となる4種の塩基に加えて、人工的に作り出した塩基対を組み込んでいます。」
      となると、普通に増やすことはできないのかな?

      いやむしろ培養するのに専用の何かが必要だからこそ、
      第三者だと分析もできないので安全と言いたいのだろうか。

      • by phason (22006) <lepton@dream.com> on 2013年02月19日 9時05分 (#2328036) 日記

        >となると、普通に増やすことはできないのかな?

        出来るものを使っているはずです.
        #そうで無いと販売できるほど簡単に量が作れないので.

        人工塩基対に関してはいろいろ開発されていて,研究の進歩とともに

        DNAに組み込めるけど,DNAポリメラーゼ(DNAの複製を行う酵素)で増やせない

        ポリメラーゼで増やせるけど,効率が悪い(時々間違ったり,DNA鎖の伸張が止まったり遅かったりする)

        進化工学的手法でポリメラーゼの方の構造をいじってやって,専用のポリメラーゼを使う事で複製がすいすい進む

        普通のポリメラーゼでも複製が容易に進む

        というような感じで発展していたと思います.
        なお,DNAポリメラーゼのお仕事は,周囲の溶液中に漂っているDNAの原料(バラの塩基)から,今くっついている鋳型のDNA(の,今まさに合成しようとしている塩基部分)に良くくっつく塩基を取り込んでくっつけるような感じです.取り付け作業を行うライン工みたいなもんですね.工場ではラインに沿って流れてくるのに対し,ポリメラーゼはラインに沿って自分が動いていく点が逆ですけど.
        ですから,人工塩基対を組み込んだDNAを増幅する場合,通常の核酸塩基 + 人工塩基が溶けてる溶液中で増幅を行う事になります.
        #人工塩基を含まない,通常の原料(4種の塩基)中で増幅する事は出来ない.

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ってことはオリジナルからDNA抽出して偽造できるってこと?

          • by Anonymous Coward on 2013年02月19日 10時00分 (#2328082)

            どんな人工塩基が使われているのか分析できる設備をもっていて、そいつをそれなりの量合成できて、さらにPCR装置とかもあって、場合によっちゃ最適化されたDNAポリメラーゼまで用意できる人なら出来るかもな。

            親コメント

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...