パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米国で書店3社がAmazonおよび米大手出版社を提訴、DRMによる市場独占を問題視」記事へのコメント

  • DRMを付ける理由に、DRMを付けなければ出版社からのコンテンツ供給を受けられない、としてAmazonを始め電子書籍ストアはDRMを科してきました。
    またAmazonはさらにDRM以外にかたくなにePubやPDFを始め、その他先行しているフォーマットを受け入れようとしません。これも再現性を重視する出版社からの要求に応えてものだと言う説明でした。

    でもこの訴訟を見ると少なくともこれは嘘だって事ですよね。DRMはユーザの犠牲の上に成り立つ囲い込み手段の一つだ。DRMを付けて、自社のハードウエアだけに限定すれば労せずとも囲い込みができる。利用者側が後になってロ

    • なるといいねえ。

      電子書籍は初期の頃、PCのHDDが壊れてHDDを交換してバックアップを戻したら
      別のPCです的な扱いになって数万円分の電子書籍が読めなくなってしまってから
      は買わなくなりました。
      今はだいぶ方式が変わって救済の仕組みがあるらしいけど、やっぱねえ。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        将来続く保証は無いですが、ebookjapanの書籍は3回ほど再ダウンロードさせてもらった。PC壊れてもサポートに問い合わせれば再ダウンロードさせてくれる

      • by Anonymous Coward

        ebookjapan:
         ユーザーサポートに連絡すればトランクルームに再配置してくれる

        booklive:
         5台まで同期可能、死んだマシンは別マシンから登録解除でOK

        bookwalker:
         5台まで同期可能、死んだマシンの解除はユーザーサポートへ

        bookliveの場合「救済」という概念すらそもそも必要ないです。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...