パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

3D プリンター銃、600 発以上の連射にも耐える 」記事へのコメント

  • 下部機関部なんていうと物々しいけど、ロアーレシーバって、グリップ・トリガー・マガジンキャッチ辺りのこと。
    マガジンキャッチとかは若干のクリアランスは求められるだろうけど、そこまで強度や
    対摩擦・耐熱が求められるわけでは無いのでそりゃあ3Dプリンタで出力できるよねという感じ。
    元々アルミ合金製ですしね

    なんか、昔の“GLOCKってポリマーで出来てるからX線に映んないんだぜ”みたいなネタだよね。
    すべての部品が3Dプリンタから出力されて、それ組み立てるだけで実弾打てるならすごいけどね

    • by hahahash (41409) on 2013年03月07日 14時01分 (#2338519) 日記

      『ロアレシーバー』『lower receiver』あたりで画像検索するとわかりやすいですな。
      射撃そのものの直接的な負荷(高圧燃焼ガス等々)を受け止めるパーツではないです。

      もちろん、それなりの精度と強度は必要でしょうけど、
      そのくらいなら3Dプリンタで作っても平気だろうなぁ、って気持ち。

      親コメント

「科学者は100%安全だと保証できないものは動かしてはならない」、科学者「えっ」、プログラマ「えっ」

処理中...