パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

3D プリンター銃、600 発以上の連射にも耐える 」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward on 2013年03月07日 15時29分 (#2338583)

    Lower Receiver は確か銃規制で、Online での購入がほとんどの州で規制されてたんじゃないかなぁ?だから AR-15 の receiver が作れるようになったってのがニュースなんだと思うよ…友達が AK を買ったけど、Receiver が買えてないって嘆いてたから…

    • by Anonymous Coward on 2013年03月07日 20時17分 (#2338763)
      まさにそこだよね。オートマチックライフルのフルート射撃・バースト・セミオートを制御する部分がまさにトリガーアセンブリを含む下部レシーバーに組み込まれてる。銃規制でフルオート射撃可能な銃が規制されつつあるので、分解改造できないようなブラックボックス化が進められている。3Dプリンタで再現できれば、フルオート射撃が出来る。銃身やボルトが鋼以外で製造可能かというと難しい気がするけど、アメリカ人らしいこだわりだと思う。
      わざわざアメリカまでいって銃規制を訴える人が時に居るけど、彼らの銃へのこだわりは日本人の日本刀へのこだわり、イギリス人の銃剣突撃へのこだわりみたいなもの。いいかげん警察は日本刀を玉鋼だけじゃなく安来鋼で打てるようにしてほしいな。
      親コメント
      • >銃規制でフルオート射撃可能な銃が規制されつつあるので、分解改造できないようなブラックボックス化が進められている。
        そうなんですか? 最近あんまり追ってないですけど、ブラックボックスどころか相変わらずフルメカニカルで電子部品の内蔵の動きすら進んでないような感じじゃないんですか?

        親コメント

クラックを法規制強化で止められると思ってる奴は頭がおかしい -- あるアレゲ人

処理中...