パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Google Reader、7月1日でサービス終了」記事へのコメント

  • by lostman_moonlightmil (13968) on 2013年03月14日 16時04分 (#2343436)
    Googleのサービスは一種の生態系を成しているわけですが、アイデア勝負ではじまるサービスが多いなか、生き残れるかどうかは生態系のなかで確固たる位置を構築できるかどうかなわけです。

    昨今のGoogleサービスは基幹としてGoogle+への流入と、Google+の滞留時間を向上するようなことが期待されている場合が多くなっています。
    リーダーそのものはインターフェースになって、そこの流出先はあとで読む系のサービスになってしまっているのが現状かと。

    実はGoogleリーダーでは、本来mixiにおけるmixiニュースのようなことを期待していた部分があったのではないでしょうか?mixiニュースはmixi衰退の原因にも挙げられていましたが、ニュースをネタにしたコメントを行うことで滞留時間の向上には貢献していたかと思います。(ただ、本来の日記サービスとしての質の低下に繋がったのも間違いありません。)

    ところが現実にはiPhoneではByLineやReederなどのGoogleリーダークライアントと呼ばれるソフトウェアが登場してしまいました。これらは自分たちがマネタイズをすることはあっても、Googleにとってのマネタイズの機会を奪ってしまう。なにせ、Googleリーダーは「API」としてしか機能していないからです。

    これではGoogleがリーダーでマネタイズするためにはAPIに対する課金を行うか、止めるか、の2つしか選択肢はありません。しかしGoogleリーダー自体はClient Loginが出来てしまえば使えてしまえる作りになっています。もちろん手を入れることは可能でしょう。

    ここに大きなコストを掛けてあたらしい課金サービスとしてリニューアルをさせることもリスクとなりますよね。

    まとめると
    ・直接的にマネタイズするには課金サービスとしてのリニューアルが必要でコストがかかる
    ・(Google+への集客により)間接的にマネタイズするためのGoogle+への導線としては失格
    の2点。

    すなわち、詰んだ状態であったということ。
    お金という視点から、ダメになっていたということ。

    幸い、別レスにもあるようにFeedlyがGoogleリーダーのAPIの代替先として名乗りを上げてくれています。彼らは自分でマネタイズができるプレーヤーです。あとは、キャパシティプランニングがうまく行けば何も困ることはないかもしれません。
    /.erとしては情報収集のエクスペリエンスが、デグレードしない(個々のクライアントに依存してしまわない)ことを祈っています。
    --
    +------------+
    歌って踊れるエンジニアを目指しています lostman_moonlightmil
    • by Anonymous Coward on 2013年03月14日 16時43分 (#2343460)

      ・(Google+への集客により)間接的にマネタイズするためのGoogle+への導線としては失格

      RSSリーダーはSNSと被るところもあるし、Google+への注力を考えてGoogle Readerを切ったというストーリーは頷けるんだけど、

      ・直接的にマネタイズするには課金サービスとしてのリニューアルが必要でコストがかかる

      ここはちょっとだけ印象が違うな。

      そもそも、無料で利用できるRSSサービスを提供して、接続できるAPIも開放して、とGoogleが主導で今の状況になることを進めてきて、世界的に利用されるサービスとなったのに「課金サービスとしてのリニューアルが必要でコストがかかるから終了」というのはさすがにそもそものGoogle Readerの戦略がおかしい。思い通りに展開できたのに終了ってどんな青写真を描いていたんだって事になる。

      なので、Google Reader単体でマネタイズできるかどうか、という点でNGだったわけじゃなくて、Google全体の戦略としてGoogle Readerの方向性に興味が無くなってしまった、ということだと思うんだよね。
      Google Reader単体での収益化を期待していたのなら、まずはGoogleお得意の広告をバンバン出してみると思うんだけど、Google Readerってそんな試みがそもそも行われなかったし。

      親コメント
    • by Anonymous Coward on 2013年03月14日 17時50分 (#2343511)

      どうもGoogle+へ前のめりになり過ぎている気がしますが、いずれにしろgoogleはいつ無くなっても
      いい様に適当に距離を置いて使うのがいいんでしょうな。

      今回はreaderばかり話題になっていますが、それよりもCalDAVの廃止 [cnet.com]の方が実は困る人が多いのでは
      無いのですかね? CalDAV自体は去年の9月にリリースしたばかりで、ちょっと前の「冬の大掃除」でgoogle syncから
      無料ユーザーを閉め出した際にも代替としてアナウンスしてたと思うのですが、ちょっと朝令暮改も度が過ぎる気がする。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        Exchangeインターフェースを廃止して、CalDAV使えと言っておきながら、そっちも廃止するんかい。
        ひどい話だなぁ。

    • 参考までに
      「Google Readerはなぜ終了? 元責任者が理由を推測」
      http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1303/14/news092.html [itmedia.co.jp]

      この人の意見だと、突き詰めると「Google+ を使って欲しいから」ということになりそう。
      そういう意味では対Twitter戦略の一環と言えるんでしょう。

      まるで「.NETを使って欲しいからVBやめます」と言い出したマイクロソフトのようだ。
      Googleの悪の帝国化が心配になるレベル。

      親コメント
      • by Anonymous Coward

        まるで「.NETを使って欲しいからVBやめます」と言い出したマイクロソフトのようだ。

        やめてないよ

        Googleの悪の帝国化が心配になるレベル。

        今はまだ悪の帝国じゃない、とでも思ってるの?

    • by Anonymous Coward

      > ・直接的にマネタイズするには課金サービスとしてのリニューアルが必要でコストがかかる

      AndroidやiOSにあるGoogle カレント [octoba.net]のことでしょうか。

      カレントが巻き添えを食わないならいいんでしょうけど、Readerと同期させてみたけど
      あまり使い勝手は良くなかった印象。
      Windows8のアプリ版でも出そうというのでしょうかね。

アレゲは一日にしてならず -- アレゲ研究家

処理中...