パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米連邦最高裁、国外で出版された教科書の頒布権消尽を認める判決」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    出版社が米国外エディションをなくす・値上げするなどしてタイ人が苦しむことになるのかな?

    • by Anonymous Coward

      まだ原文を読んでいないので雑感なんですけど・・・

      A.自分で使う為にタイで購入した教科書をアメリカで売却した。(個人的に購入したものを売却)
      B.利益を得る為に日常的にタイで購入>アメリカで販売を行った。(商売目的)

      のどちらなのかでだいぶ感触が変わりますよね。
      販売目的なら頒布権消尽とか言われない気がするのでAなんでしょうか。

      #Bの場合に頒布権消尽なんていわれたら、物価が安い国の輸入教材とか軒並み値上がりするんじゃ;

      • Re:還流中古版か (スコア:5, 参考になる)

        by BonTf (8325) on 2013年03月21日 1時46分 (#2347170) 日記

        金額からしてAではないみたですね。
        ニュースとかでは収益が0.9Mとか1.2Mとか報道されています。
        問題になったのは大規模に輸入販売をしていたからでしょう。

        もともと国際版の教科書を個人で使用しそして他の生徒に売るというのは珍しくもないです。
        よく見るのは中国版ですが、紙が薄い、安っぽそうなペーパーバック、カバーが中国語、というくらいで普通に使えるものです。
        ここからは私の想像ですが、被告は少ない種類で大量の需要が見込める学部の基礎レベルの教科書を販売したんでしょう。
        それらの中には100ドルを大幅に越えるものがざらにあります。
        中古にしたってたいして安くならず、財政状況が逼迫した大多数の学部生にとっては焼け石に水といった所でしょう。
        そんな状況下でずっと安い国際版に飛びつく学部生が多いのは、容易に想像できます。

        また今回の件が注目されていたのは、ファーストセールドクトリンが米国外で合法的に製造販売されたものに対しても米国内で適用されるかを最高裁で審議していたからです。
        ファーストセールドクトリンは、一旦販売してしまえば、著作権者等はその著作物の再販売などを禁じることが出来ないというものです。
        ゲームの中古販売も同ドクトリン下で保護されています。
        今回の最高裁の判決は、米国内で合法的に製造され国外に輸出された物に関して再輸入しての販売が合法と判断されていたのに続き、国外で合法的に製造販売でされたものに対しても合法と判断されたということだと思います。
        要するに物品が合法的に製造販売されてさえいれば、国内外の価格差を利用してのアービトラージが合法的に可能であるということでしょう。

        ただ、教科書に関してはゲーム会社と同様の手法(DRM、リージョンロック、教材の一部オンライン化及びアンロックコードの必須化等)で対処してくるのではないかという予想もあります。
        教科書の改訂を頻繁に行なうことで中古販売を難しくすることは既に行なわれているみたいです。
        さらに、著作者側が国際交易に関する条約等にこれらの規制を盛り込むように働き掛けるとか、立法府に働き掛けるとかという予想もあるので、長期的な影響はまだはっきり分かんないみたいですね。

        親コメント

日本発のオープンソースソフトウェアは42件 -- ある官僚

処理中...