パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

Nokia、GoogleのビデオコーデックVP8の特許侵害容疑リストを提示」記事へのコメント

  • H.264についてはこれまで通り、WebMはロイヤリティフリーなのに。

    そもそも、Nokiaに何で発言権があるんだよ?

    • by Anonymous Coward on 2013年03月27日 9時12分 (#2350928)

      H.264については、公的機関で規格制定し、制定の過程で既存特許の使用の有無やライセンス料の徴収まで含めて協議されるので、規格の使用料に特許の使用料が包含される。規格制定と特許については、メモリの世界ではRambus Inc.が問題を起こしたことで有名だったと思います。規格制定後に特許関連の問題が発生しないようにする公開の場での過程がWebMには存在せず、WebMがロイヤリティフリーといっても、それはGoogleが勝手に宣言していることで、Googleが持っている特許とGoogleが使用料を肩代わりしている特許についてロイヤリティフリーであるというだけに過ぎないということです。Googleやその関連企業の法務部門が事前に特許関連の調査をしてはいるはずだが、実際に特許を持っている相手がその妥当性を認めたわけではないので、特許を持っている相手が自分の特許に抵触しているので使用料の請求または特許の使用停止を要求する可能性はいくらでもあるんです。

      親コメント

Stableって古いって意味だっけ? -- Debian初級

処理中...