パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

第2回将棋電王戦第3局、プロ棋士がコンピューターに連敗」記事へのコメント

  • 居玉の評価 (スコア:5, 興味深い)

    by shinshimashima (9763) on 2013年04月07日 11時40分 (#2358528) 日記

    序盤、ツツカナが無理攻めしているあたりの評価、
    人間の目には(プロ視点でも、アマ初段(の中では最弱)の私視点でも)先手優勢でも
    GPSの評価は後手優勢だったのが気になります。
    (7一角~6一角のあたりの評価関数は先手優勢でしたが、この辺りは人間の目には先手勝勢。
     △5五香がいい勝負手で怪しくなりましたが)

    某九段(プロ)相手に「評価関数は居玉を過大にマイナス評価してるんじゃないか」と解説しちゃったけど、
    正しかったのかな・・・

    --
    ともあれ、ヤードポンド法は滅ぶべきであると考える次第である
    • by Anonymous Coward on 2013年04月07日 11時59分 (#2358540)

      将棋の神様なら絶対的な数値出せるけど、現状の評価値は
      単にソフトがその局面をどれだけ好きかに過ぎない。

      乱戦の方がコンピュータ向きなの考えると、特に人間との
      対局では、乱戦になりやすい居玉など急戦模様に
      大きなプラスの評価を付けても、おかしくは無いんじゃないかな。

      なので、人間同士前提のプロの従来の評価と違って当然。
      マシンとの対局が増えれば、マシン対局前提のプロの大局観も
      修正されて、マシン向けの戦略も洗練されるんじゃない。

      親コメント

Stay hungry, Stay foolish. -- Steven Paul Jobs

処理中...