パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

第2回将棋電王戦第3局、プロ棋士がコンピューターに連敗」記事へのコメント

  • コンピュータ側はやろうと思えば、マルチコア/CPU、クラウドなどなんでもありで、
    CPU消費時間は膨大でも、実時間は数100分の1といったことが可能ですね。

    以下にあるように、人間とコンピュータで消費エネルギーを揃えるのがフェアな気もしますね。
    http://d.hatena.ne.jp/Cordwainer/20080819 [hatena.ne.jp]

    脳とGPU比較
    http://forum.donanimhaber.com/m_25688835/tm.htm [donanimhaber.com]

    • エネルギー消費量を揃えても、そのうち機械のエネルギー効率の方が圧倒的によくなって、今度は「エネルギー消費効率も揃えるのがフェア」ってことになりそうです。
      今はまだ互角かぎりぎりそうでないあたりをうろうろしてますが、結局は人間と車のマラソンですからねえ。あと数年もすれば「そもそも人間と機械が対戦しても意味がない」というのが将棋やチェスなどでも一般的な認識になるのではないでしょうか。
      (人間が絶対に勝てないという意味で)

      • by Anonymous Coward on 2013年04月07日 14時09分 (#2358591)

        ドリンキングチェスとかチェスボクシングなら、まだまだ人間の優位性が保てるかもしれません。

        親コメント
        • by Anonymous Coward

          ドリンキングチェスだと燃料電池つめる機械のほうが有利にならんか?

          • by Anonymous Coward

            酩酊機能を実装してもらわんと互角にならんねw

        • by Anonymous Coward

          頭脳で競うならまだしも、チェスボクシングなんて、当たったら死亡レベルの機械をすぐに用意できそうなんですが。

私は悩みをリストアップし始めたが、そのあまりの長さにいやけがさし、何も考えないことにした。-- Robert C. Pike

処理中...