パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

急増する「偽学術誌」」記事へのコメント

  • インドだかエジプトだかのHindawiや中国?のScientific Research Publishingが代表的なジャーナル粗製濫造会社です。それらの出版社からは頻繁に論文の投稿を誘うメールが来ます(Call for papersってやつ)。もちろんスパムフィルターでゴミ箱行きです。ただし、Hindawiはまともなジャーナル発行社を買収したりしてまともなジャーナルも混ぜてきているので、一概にゴミジャーナルとは決め付けられません。それ故に余計たちが悪いと思います。

    とにかく論文の本数を稼ぎたい人達にはそれなりに利用価値があるようで、儲けたい出版社と利害は一致しているのでしょう。今後は論文の本数ではなく、論文の被引用件数や掲載ジャーナルもちゃんと見て評価がなされるようになるのではないでしょうか。そうしないと、お金を出してゴミ論文をゴミジャーナルに掲載した人が勝ち残って、日本の科学は衰退の一途をたどるでしょう。

未知のハックに一心不乱に取り組んだ結果、私は自然の法則を変えてしまった -- あるハッカー

処理中...