パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米精神医学会の「診断の手引」、改定により「アスペルガー症候群」の分類が消える」記事へのコメント

  • by Anonymous Coward

    アスペルガーのみなさんは、この指とまれ!!

    • アスペな私個人としては、これはいいと思います。
      自閉症スペクトラムというのは、知的障害をともなうカナー型と呼ばれるタイプから、知的障害のないアスペルガー症候群、そして自閉症と定型発達のグレーゾーンにいる人をすべて含む概念ですので、医学的に分類がしやすいのだそうです。
      少なくとも、これまで診断を受けていた人が診断から外れることは無さそうなので良かったです。
      よこはま発達クリニック [ypdc.net]

      #/.ってアスペな人が多そう。

      --
      640GBはすべての人にとって未来永劫充分なメモリだ。
      • by maia (16220) on 2013年05月01日 14時02分 (#2373515) 日記

        スペクトラムの端っこの人は普通に社会生活を送っているので、もはやクリニックに来るなと言われるレベル...(人にもよるけど)。
        自閉症スペクトラムが人口に膾炙するようになると、うちの夫がそうか、という話になるのは面白いですね。IQ140で大学教授までやっていたりすれば、何をか況や。イギリスでは人口の0.8%とあるけど、診断基準の問題かな。2~3割という事はないと思うけど。100人いれば、一人くらいは、高機能の人がいて不思議ではない。もっとスペクトラムを拡大解釈すれば、「性格」や「傾向」になるのかな。

        言葉を字義通りに受け取る傾向があったりするらしいけど、状況次第ながら、普通の人でもやってしまいそう。ただ、常識が文脈を考慮して、対応を調整してしまうから、普通なんだろうけど。

        親コメント

一つのことを行い、またそれをうまくやるプログラムを書け -- Malcolm Douglas McIlroy

処理中...