パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

米精神医学会の「診断の手引」、改定により「アスペルガー症候群」の分類が消える」記事へのコメント

  • コメントフォームに大作を書いていたんですがタイムアウトしたので短く書きます。

    当事者です。田舎なので仕事がありません。
    発達障害者支援法はICD・DSMについて触れてはいませんし、大人の発達障害はそれだけで精神障害者2級の手帳が交付されます。
    この際の診断書・監査医の所見書も一応DSM/ICDを書く欄がありますが、医師の診断書の内容が全てです。
    年金も通達により、精神障害者手帳と医師の診断書による柔軟な審査体制であって、DSM/ICDは参考程度です。
    一部DSM/ICDを含めた通達がありますが、こういうのはすぐに修正されますしアスペルガー等広汎性・・・という書き方は例示であって本質ではありません。
    行政的に不利益を得ることはありえませんし、今後は児童生徒のうちに発見するように義務付けられましたので、不幸な人は減っていくと思います。

    大人の発達障害を疑ってる方は最終的に物を言うのは通知表です。5年悩みましたが通知表を見せたところ即日確定診断が下りました。
    念のためWAIS-III知能検査を受けたところ、言語IQ130、動作性IQが90と乖離が認められましたので、精神障害二級を頂きました。
    障害認定・年金はここ5年のうちに通達で発達障害単体でも下りるようになりました。
    小中学校の指導台帳は卒業後20年で処分されますが、30代の方はまだ間に合いますので、発達障害診断を理由とした開示請求を行うと
    お悩みが即解決するかと思います。

    ICD/DSMは目次みたいなもので、専門医を探し、記録を持って相談するのが一番早い。
    困るのはレセプト屋さんたちと内科系心療内科、プロの患者に言わせればいわゆる「自動販売機」「薬物販売業者」ですね。
    彼らはお腹ごろごろと不眠症に対する対処療法的な薬を出すことしか知りませんから。これで5年を無駄にしました。
    街のクリニックにかかる際は、目の前の箱で臨床経歴を調べたほうが良いでしょう。保健所は医者の詳細な情報を知ってますので、駄目な医者は紹介しません。
    発達障害専門医が標榜科になってくれればいいのですが、所属学会を調べるのも手です。記録があれば保健所・都民なら都立梅が丘病院に相談してみましょう。
    松沢病院・目黒病院はパーソナリティ障害や統合失調症の専門病院ですので、あまりお勧めはしません。
    #薬物・アルコール・タバコは久里浜病院が権威です。

    DSMは原因を細かく追究するより症状で治療法を標準化しようというアメリカ的合理主義で作られた産物ですが、あまりに細分化したので
    原因が明らかなものはまとめて大分類的な病名をつけ、多すぎる分類を減らす方向です。
    アスペルガー症候群はサヴァンと結び付けられることでイメージは悪くありませんが、典型症状から明らかに患者ではない人に対しても
    「このアスペ野郎が」という発言を投げつけられる事象が2chやTwitterなどで発生しており、facebookなどでも誤解している人が見受けられます。
    自閉症・発達障害は先天的疾病であり、一般人かも含んだ自閉度と知能の二軸マトリクスによるスペクトラムなので、
    高機能自閉(知能が高く自閉度がスペクトル状である)に関しては区別する必要がそもそもないと考えます。
    自閉度とは即ちコミュニケーションの阻害レベルなので、それから導き出される典型的な問題は症状として固定化するのではなく演繹的に想像が可能でしょう。
    アスペという言葉だけが独り歩きし、無辜の一般人に対するレッテル貼りの材料になっているのは当事者として申し訳ないし、受け入れがたいので
    この病気について他の表現が可能である以上、アスペルガー症候群・PDD-NOSという単語は当事者として今後一般的に使われないことを望みます。
    どうせ臨床内部で統合失調症は精神分裂症時代から今でも「シゾフレニア」ですから「アスペルガー型」「カナー型」は内部では残り続けるでしょう。

    H17発達障害者支援法により、私が診断された当時と比べ状況は飛躍的に良くなり、人材紹介企業の一部には
    URL:http://challenged.ahc-net.co.jp/
    URL:http://www.isfnetlife.com/
    のように、ハロワの絶望的に足元を見た精神障害斡旋事業(介護介護契約ばっかり)を打破しようという会社も現れています。
    経歴をお話したところ、15万で下に張り付いているハロワの紹介よりもかなりいい条件で紹介できるかもというお話がありました。

    #亡父と支持団体の父の友人たち、バイト先の前国会議員や県議さんたちにこの場を借りてお礼申し上げます。
    #当時の麻生総理大臣に就労可能な発達障害者・精神障害者の置かれている障害者枠での雇用の現実を陳情できたのは僥倖でした。
    #同枠だと企業が身体を優先的に採用するため、就業率も年収も身体より低く、能力あるものが生活保護と作業所で一生を送らざるを得ない。
    #ちなみに私は新卒から3年、キャリアのネットワークエンジニアでした。それ以前は大学のrootでした。今は地元に帰っています。
    #脳梗塞で右麻痺しており重複障害者です。
    また、この法律によって発達障害者支援センターが開設され、就労支援から雇用主の相談まで一通りのことをやっていただけるようになりました。
    10年前の暗黒時代は生保を受け、時給100円で唯ひたすら菓子箱を折る一生しか選択肢が存在しませんでした。

    朝日新聞によると、「一部の団体」さんが怖い怖い病を発症しており、既得権が失われるなどというのをそのまま新聞大本営のごとく記事にしているようですが
    NHKに出ているような当事者やまともな当事者団体、専門医、お役所、議連で努力された方にマルチソースで話を伺うべきでした。
    新聞大本営発表の如き論評論説クロスチェックのなき記事はプロパガンダ同様害悪であります。個人的には反日親北記事を除くハンギョレ新聞には
    完全に敗北していると言わざるを得ません。調査報道ではアジアで最高水準でしょう。
    このままでは朝鮮日報・東亜日報(日本がらみを除く)の論説にも負けるでしょう。記名記事がほとんどないというのがまず信じられない。
    韓国メディアでは記者個人のメールアドレスを公開して記者個人の責任において報道を行うのが一般的です。

    ASの私には空気を読むという行為が理解できません。記名記事がないというのは通信社の記事をそのまま載せて自社でチェックを行わないという自殺行為か
    新聞社・通信社による無形のカルテルがあると疑わざるを得ません。この件については明らかな間違いを煽っており非常に不愉快です。

    蛇足でした。
    いずれにせよ、米国のようにDSM至上主義は臨床を重視する日本においては存在しませんし、既得の利益は法によって守られるどころか
    拡大しているのが現実です。アスペルガーという単語が一般の方に対するレッテル張りに使われるのを実際に見ておりますし、既に診断を受けたり、
    今後診断を受ける方になんら不利益を生じさせないのが保障されていますので、学術的に正しいAutism-Spectrumに統一されるのは
    DSM/ICDの項目が爆発的に増えるのを転換する歴史的な英断だと理解しています。医師の脳みそキャパシティにも限界があるのです。

    そんなことよりも、「自閉症」「発達障害」の名称は一般の方にとって誤解を招いたり、ピンとこない名称なので実態に合わせた改名をしていただきたい。

    発達障害は「脳の先天的な欠陥により」正常な発達が阻害される障害であって、環境・教育・しつけの問題ではなく、ましてや両親の責任ではありません。
    この名称をそのままにしておくと親の弱みに付け込んだモラロジーや統一協会のような新興宗教・詐欺師・教材売り・
    戸塚ヨットスクールのような根性主義者・「親学」「七田式」のような似非科学を放置することになります。

    #残念なことに鳩山由紀夫氏、公明党の山口那津男氏、安倍総理大臣といった方が親学推進連盟に名を連ねているのですが、
    #発達障害の支援を考える議員連盟には尾辻前参議院副議長・野田聖子氏・小渕優子氏・山口氏と太田氏を除く公明党議員、
    #下村博文文科相(この人はEMにはまるなど似非科学親和性が高いんだが)・町村議員・馳議員は双方に所属されています。
    #共産党は発達障害議連に一人もいないので、私の個人的敵認定ですが、作業所は共産党員ばっかりだなあ。なんでだろ。

    「自ら閉じこもってるわけではなく、どうコミュニケーションをとっていいかわからないからとりあえず黙っておく」のが高機能自閉の人間の行動原理で、
    一般の人から見るときれいな花畑に見えるところでも、当事者から見ると地雷や不発弾がどこにあるかわからない危険なエリアであると例えてみます。
    知能が低いタイプの自閉症者は地雷を認識できずに踏みまくっては大怪我をし、どう解決すればいいかすらわからないし、
    高機能な自閉症者は地雷原であることを認識した上で踏み抜かないようにある人は自分なりの地雷除去法を開発したり、確実に地雷がない同じ場所を
    通り抜けたり、地雷がなくても疑って地雷がないことを一生懸命確認したり、地雷がないことを確認するのが面倒なので、お花畑の地雷原から目を背け
    安全なことを行うのです。(強い拘りといいます)
    もちろんこの花畑には一般の人にとっての地雷は存在しないので、みな花畑で寝転んだり、踊ったりしてるのを羨ましそうに見ている自閉症者もいます。
    地雷回避を教えてくれる連れ合いがとっても欲しいのですが、そんな奇特な方はまあまずいらっしゃらないか、いらっしゃっても親御さんの理解は
    まず得られないので・・・
    個人的な話で恐縮ですが、従兄が統合失調症の女性と結婚する際、義伯母が反対した(嫁さんの実家にまで乗り込んで御説を開陳したらしい)結果、
    跡継ぎの従兄は実家との縁を切って音信不通になってしまいました。私がもし連れ合いを得たとして、相手のご実家を説得する自信はありません。
    いつでもメリットとデメリットについてプレゼンテーションするつもりはあるのですが。正直、寂しいですね。背中を預けることができる方がいないのは。

    ・・・読み返して典型的な高機能自閉の文章だなぁと。空気読めないで主張ばかりしているとうざがられて地雷を踏み抜く、というか、踏み抜いたと自覚したのでこの辺で。

ナニゲにアレゲなのは、ナニゲなアレゲ -- アレゲ研究家

処理中...