パスワードを忘れた? アカウント作成
この議論は賞味期限が切れたので、アーカイブ化されています。 新たにコメントを付けることはできません。

国連食糧農業機関が「昆虫は有望な食料」という報告書をまとめる」記事へのコメント

  • 昆虫食の習慣のない人は見た目に拒否感を覚えて食べられないことが多いと思います。私の場合祖母の実家から送られてくるイナゴの佃煮を食べて育ちましたのでイナゴに拒否感はないんですが、ハチノコとかザザムシは無理です。韓国でポンデギ(蚕の蛹の煮物)を勧められた時も見た目と慣れない臭いで無理でした。

    昆虫食の習慣がない所では、いくら栄養学的に素晴らしいと説かれても心理的な壁があるんじゃないでしょうか。ろくに食べる物がなく何でも食べる覚悟に追い詰められている貧しい国ならこれから普及させることができると思いますが。先進国では普及は難しいと思います。
    # そのままの見た目じゃなくて原形が分からないほどに加工すれば障壁は下がるかも。
    • そこで「見た目が嫌」とは言わない国連機関って、大人なんだなあと思った。

      • 見た目で言えば、蝦・蟹・蝦蛄・醤蝦に似てるよね。字にも虫が入ってるし。
        見た目より、習慣の問題じゃないかと思うね。
        あるいは、水棲のものには抵抗を感じにくい、とか。

        •  見た目が近いから、同じ漢字(虫)が入っているのだろうというのは、同意。
           しかし、分類を調べてみると、共通なのは「節足動物門」まで。
            エビ … 動物界 節足動物門 汎甲殻類 …
            カニ … 動物界 節足動物門 汎用甲殻類 …
            -----分類学上の壁-----
            イナゴ … 動物界 節足動物門 昆虫網 …
            ゲンゴロウ … 動物界 節足動物門 昆虫網 …

           水棲のものなら大丈夫なのかと思ってゲンゴロウも調べたけど、やっぱり甲殻類と昆虫網の間には壁がある。水棲か否かではなくて、甲殻類か昆虫網かで壁があるものと思われる。
           てんぷら

開いた括弧は必ず閉じる -- あるプログラマー

処理中...